NAOTO NISHIKAWA.NET

西川直人の公式ウェブサイト

いろんな発音をよくきく

Posted on | 11月 30, 2017 | No Comments

最近の専らの課題は、他人の音も含めて、発音のタイミングを厳密に把握しつつ、自分の発音もコントロールする、です。

 

こんにちは、にしかわです。

多分わかりにくいけど、なかなか大事な課題ですね。

主観と客観のギャップをうめる。

 

とりあえずアンサンブル中や、鍵盤楽器を弾くときは、特にリズム担当のパートを気にすると良さげですね。

 

リズムセクションへの吸い付きが良くなって、質があがると思います。

 

それを実現するために、今はアドリブのフレーズを短めにしたり、間を取る必要がいっぱい出てくるのですが、たくさん弾かなくても今のところどのケースでも問題ないです。

グルーヴが途切れないと言うことがやはり一番なのでしょう。

 

また、間の取り方、要するに弾かない時間の取り方こそ、かなりサウンドの個性になるポイントだということにも気付きました。

おもしろいですね。

 

こういうことを地道にやりつつ、日々ちょっとずつ進歩です。

レッスンでも扱っている内容なので、気になる方は受講しにきてみてくださいませ。

Leave a Reply





  • Event Calendar

    12月 2017
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • オルガン講座