発音のコントロール

発音をよく観察しながら練習しておりますが、今回は左手、というかベースに着目しております。

そういうなら足元も練習せねばですが、それはまた少し後にしようと思います。

 

ベースを担当するケースも少なからず多いのですが、やはりそう考えるとオルガンみたいな楽器は左利きの方がよいかもと思えます。

 

まあ右利きなので、しょうがないので、工夫でカバーしていこうと思います。

手首の高さをかえたりする必要もでてきそうですね。

 

グルーヴもののベースもいろいろな話があってここ数年は全く違う弾き方をしておりましたが、また昔の自分でも好きなスタイルに近いようにしようかと思っております。

 

これらを右手のコンピングと合わせて自由にするのが目的でございます。

昔よりも身体の使い方も巧くなったようで今直さねばならない課題もはっきりしているので気は楽です。

4ビートに関してはまだ課題は見つかってない感じですけど。

 

自分の人生の残りなどを考えると、そろそろ好みのスタイルに絞ってそれを極める方がいいかなと思い始めました。

 

後一年半で一通り完成させたいです。

内容も含めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください