左手と右手の使い方

このところの研究の結果、左手はなるべくなめらかにつなげられるよう、指先も使ったコントロールを、右手は基本腕を使って弾くことを特に心がけております。

 

これによって左右の発音のタイミングがいい感じに自分の好みのバランスになれると思います。

これをやりながら信じ抜いて弾き続けることが一番集中力がいるのですが。

 

ベースを弾きながらメロディやらも担当することはやはり奥深いですなあ。

音楽的にはとても勉強になりますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください