楽器のタッチ

改めて演奏中にタッチに気をつけてよく観察しているといろいろ発見がありますね。

タッチを見直すと音色はもちろん、リズムも大分印象が変わるわけで、同じフレーズでもタッチの良さだけでその機能や効果は雲泥の差です。

 

リズムが固いという表現があって、よくない意味で使われることがありますが、そういうのも時間的な意味でのリズムをまじめに調整しようとした結果なのかもしれませんね。

 

ともあれ、しばらく自分自身もタッチについてより観察してみようと思います。

発見だらけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください