発表会を開きました

とある生徒さんからの要望から、今回はじめて自分のレッスン教室の発表会を開きました。@オルガンジャズクラブ。

 

参加者9名、オルガンやピアノ、弾き語りなど。

一般的には発表会はひとりで1,2曲弾いてというイメージかもしれませんが、当教室の基本方針が「人前で人といっしょに演奏できるようになる」なので、20分くらいのステージをいわゆるジャズの編成でジャズらしくお送りするということにしました。

 

みなさん慣れなくて大変なことだらけだったとおもうし、練習通りにうまく弾けなかったりだったと思いますが、本番は往々にしてそういうもので、その中でもみなさんそれぞれが、自分の言葉で演奏したことは大きな一歩ということで、見ているこちらとしてはとても良かったです。

 

この一歩は、与えられた安全な譜面通りのところではないので、それをやりとげたみなさんは「アドリブでなんかやるのなんてできない」ということはなくなるわけです。

 

前にも書きましたが、こればかりは一度体感しないとわからないことなので、それが本人の中でうまくいったかどうかは大した問題でもなく、体感したみなさんは確実に得たものがあったと思います。

次回あう時からの変化がまた楽しみです。

 

なんだかんだ直前まで苦しいところもあったと思いますが、概ね「やって良かった」というご意見も聴けて嬉しい限りです。

 

打ち上げもあり生徒さん同士の初の交流もあるのも大事なのかなとも思いました。

 

次回やるとしたら今回のような形式もまたありですが、もうちょっと気楽にジャムセッション方式にしてもよいのかもとも思いました。まだなにもきめられないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください