オルガン本体の真空管を変えてみた

なんかオルガン本体からボリュームを上げた時に「むー」というハムノイズ?みたいのが気になるので、原因を特定すべくオルガン本体の真空管を取り寄せて付け替えてみました。

 

結果としては、「音色がかわりすぎてそれどころでもない」という余計混乱する事になりました。

 

ハモンドオルガンって個体差が結構激しいのですが、その個体差をほとんど担ってるのは真空管なのではとさえ思わさせられました。

 

新しくつけてみたものは全体的に音色としては好みでなかったのですが、ひょっとしたら使い続けるとなじんできてよい音になるかもでしたが、そこまで我慢できるわけでもなかったです。

 

元々の目標のノイズを消すことはかないませんでしたが、真空管の端子などちゃんとふいたりお手入れするとノイズ消える説もあってまた謎が増えました。

 

真空管も奥が深くてさらにいくつか試したくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください