世界の亀山モデル(たぶん死語)

年末に身内から32型中古テレビを買いました。

世界の亀山モデル(たぶん死語)。

10年前位のモデルですが、それまであったドン・キホーテで買ったテレビとはさすがに違います。

それまで知らない民放のチャンネルがあったり、dボタンなるものがあったり、もちろん画質も音質も。

 

昔のモデルであろうとも家電がよいものになると、部屋のグレードがあがった気になってテンションあがりますな。家電恐るべし。

 

しかも現在のモデルも32型ですら3万円台。省エネであり、機能も向上していてその値段は消費者にとってはありがたいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください