SEO対策対策ものがたり2

しょうもない話なのに長くなったからわけました(笑)。一つ前の記事を先によんどいてください。

気が付いたらなぜか物語調でしたが、金額が問題だったというよりは、いろいろ知ってるのと似たパターンだと気づいて、先が予想できるから興味なくなったというところです。

まあこの手の分かりやすい特徴を書くなら、

1 後出しの不利な条件がいくつか出てくる

2 複数人で当たってくる(上の人、先輩とか)

3 突然だったり偶然がきっかけ

でしょうかね。

 

今回もそうですが、2が1に含まれていることが多い。となると特徴はほぼ1のみかな。

最初から2人で来るならそういう風に伝えるべきでしょうし、まあこちらも確認しなかったから多くは言いませんけど。

肝心の後出し作戦ですが、今回契約書に書いてあるのは、72万は外部のリンク貼るだけですからね。

どんな有名なサイトに貼ってもらえるのだか知らんけど200個リンク貼るだけで72万もらえる仕事があるならぜひやりたい。

おそらく自分のウェブサイトの手直しとか内部対策とか期待して話進めたらどんどん後付けで金額が増えていくのでしょう。

こんなこと言わずもがなかもですけど。

 

ちなみに後出しのバリエーションとしては、当日夜だったり、週末に急遽説明会があることを今更のタイミングで教えてくれるというのが割とポピュラーですかね。

 

あとは3についてですが、そもそもよく知らない相手に利益になるような話しをもらえるほど自分が価値あるのか考えてみるべきです。

今回は本業の音楽の関連だったので、わかりにくかったということにしておきましょう(遠い目)。

 

専門外のネットのことだったので、普通に詳しい生徒さんにも相談してしまいました。

 

まあ結果これまで大金払ってしまうようなことはないのですが、機会があれば、その「似たパターンたち」の話もしましょう。

 

不意打ちだとオレオレ詐欺にも引っかかる気持ちもわかるかも。営業マンのトークも心理に作用するプロの技だったし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください