profile

西川直人公式プロフィール

 

 

1979年7月2日生まれ。3歳ごろよりオルガンを習い始める。

高校時代にハモンドオルガンという楽器に出会う。

東京大学入学後、本格的にオルガンを佐々木昭雄氏に師事しジャズ研究会に所属する傍らライブ活動をする。

大学卒業後、オルガニスト、ピアニストとして本格的に活動を開始し、ジャズを中心に様々なバンドのライブやレコーディングに参加する。

オルガンでは左手や足でベースパートも担当することも多い。

オルガン演奏の使用機材はNord C2DとLeslie 142の組み合わせがメイン。

また、指導者としても活動しており、通常のレッスンのほか、NHK大河ドラマでのオルガン演奏指導および実演なども行っている。

~~~~~~~~~~

自宅ではHammond B-3とLeslie122の組み合わせに、アップライトピアノも置いてあります。

ギター用のアンプも手に入れました。

ギターだけでなくヴォーカルのマイク用としてもいろいろな現場に対応できます。

ついでにマイク、マイクスタンドも手に入れました。

これで、ヴォーカルの機材の無い会場でも機材持ち込みでライブができるようになりました。

ライブ用の機材が軽量化したのでツアーも3人までなら車一台で行けることが判明してしあわせです。

とりあえず種類がいろいろあるので簡単にご紹介します。

<機材など>

~オルガン~tsuyakesi3

・Nord C2D(ライブ用)

・Hammond B-3(自宅レッスン用)

・Hammond A100(預けてます)

 

~アンプ~

Leslie 122(ほぼ自宅用、たまに持ち出し予定)

Leslie 142(ライブ用のメインスピーカー)

Leslie 142(A100とのセット)

Leslie 147 (お店に預けてあります)

Leslie 2103mk2(スペースが無いところでのスピーカー)rec_145_1

VOX AGA70(マイク接続可、ジャズギターにもばっちりなアンプ)

 

~そのほか~

KAWAIのアップライトピアノ(自宅用)

セミアコのギター

フルアコのギター

マイク、マイクスタンド、ミキサー

プロフィールおまけ

<高校まで>

小中高とひっそりとエレクトーンを習っておりました。

なかなか人前で披露する機会もなく、

女子率の高そうな楽器だったからひっそりしておりました。

高校のときにハモンドオルガンというエレクトーンによく似た、DSCN4324

それでいてとてもステキな音の楽器の存在を知りました。

ちょっとだけ救われたような気がしたとおもいます。

 

<大学>

とりあえず大学進学にあたって進路を考えてみましたが、その当時の進路は「ハカセ」でした。

とりあえず研究的なものがしたかったようです。

サークル活動的なものは最初はフュージョンサークル的なものに入ってみました。

一瞬エレキベースをやろうかなやみましたが、まあそこはふつうにキーボード担当しておりました。エレベ買っちゃったけど。

一方でハモンドオルガンでジャズをやりたいと思って、師匠のところに習いに行きました。念願のオルガンでジャズです。

月に一度45分のレッスンでしたがとてもためになりました。

3年生になっていよいよ理系は農学部に進学しまして、いわゆる遺伝子工学的なバイオテクノロジーな研究をしておりましたが、それと同時にジャズ研究会なるものにも所属し始めました。

4年になれば卒業してその後の進路をどうするかというところです。

とりあえず「ハカセ」感はなんとなくあったので

大学院の試験を受けて受かってはみたものの、生物を扱う実験は成果を出すのにかなり時間がかかるし、そこまでやりたいお勉強でもなくなってきてしまったので、進学をやめて音楽をやることにしてみました。

音楽の仕事なんか当時なかったのですけど。

情熱ってすごいですね。

<大学卒業後>

とりあえずいろいろなバイトをやりつつ音楽を始めてみました。

ちょっとだけ仕事をもらえるようになりつつ、真冬でも週3回くらいストリートライブをやって(オルガン運びました)、なんだかいろいろ鍛えられました。

そうこうしている内に車ももらえて(かなり小さい軽自動車)、なんとか活動を広げておりました。

そんなことをしながら数年経っていた気がしますが、あるときうっかり会社の社長になりました。

まあ仲間内でつくった会社なのですけど、行きがかり上にしかわさんが社長になりました。

まあ全く自分と関係のない分野だったので、結局しばらくして離れてしまいました。

やはりやりたいことをやって生きる方がよいんだなあと思いました。

それからもまたいろいろ経て現在に至りますが、なんとか音楽を続けられているのも周りの方々に助けられているわけですね。

ありがとうございます。

縁あってHammond B-3というハモンドオルガンの一番よい物も手に入れられました。

現在は音だし可能物件に住んでいて、家でオルガンやピアノの音を普通にだせるのは幸せなことです。

<今やっていること>

・演奏活動

わりとメイン業務でございます。ジャズを中心にポップスなどいろいろです。

ライブの演奏は他に換えがたいものがありますね。

ハモンドオルガンの音が聴ける貴重な場なので、ぜひ足を運んで頂きたいです。

よい音ですよ。

自分のユニットもやっております。わりとご好評でございます。たのしいよ。

詳しくはブログのスケジュールをご覧くださいませ。

 

レコーディングもやっております。

オルガンやエレピを弾いてみたり、いろいろやっております。

自分のユニットのCDも作りました。

これはこれでまた違う楽しさがありますね。

もっといろいろレコーディングも参加したいですね。

演奏のご依頼などありましたらメールフォームより

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

・レッスン

自宅が音出し可能な環境なので、自宅レッスンをやっております。

ハモンドオルガンやピアノをメインに教えております。

社会人の生徒さんが多いですね。

基本ジャズを教えているのですが、そこから拡張して、もう少しファンキーだったり、ソウルフルだったりそういうものまで

いろいろ教えております。

最近はニーズが多いので、普通の曲を最近のゴスペルオルガンっぽく弾くのもいろいろ取り組んでおります。

難しいけどできると楽しいです。

ほかにはヴォーカルの生徒さんもおりまして、ヴォーカリストにとって必要なアンサンブルに至るまでのいろいろな音楽的素養を教えています。

ためになっているようです。なによりです。

詳しくはレッスンのコーナーをご覧くださいませ。

 

・オルガンとか貸し出し

オルガンなどの機材を貸し出しております。

意外にも需要があるようです。

貸し出しに行った先でいろいろな人に会えるのもおもしろいですね。

貸し出すついでにオーケストラのちょっとしたパートも弾くことになってみたり。

人生なにがあるかわからないものです。

 

・オルガンとかレスリースピーカーを修理したい

まあただの趣味みたいなものですが、うちにあるハモンドオルガンとか、レスリースピーカーをメンテしたり修理したりするのが楽しいですね。

ちょっとずつ知識が増えていきます。

なかなか直せる人がいないから、ある程度は自分でやっておきたいです。

とりあえずもらってきたレスリースピーカーのパーツを交換して、塗装までしてみましたが、おかげで今我が家のメインスピーカーになっております。

<まとめ>

そんなかんじで日々いろいろ楽しく過ごしております。

おもしろ企画はつねに募集しております。

よろしくお願いいたします。

西川直人の公式ウェブサイト