鍵盤たくさん

このところいろいろあわただしくて更新が途絶えておりましたが、

久々に更新しますよ。

こんにちは、にしかわさんです。

 

というわけでたまにはポップス的なジャンルもやっておりますとて

JILL-Decoy associationというバンドを手伝ってきました。

ワンマンライブで東京-大阪-名古屋とやるのですが、

とりあえず東京公演を終えました。

 

まあ今回はモロオカさんというオルガンも弾く人とキーボード二人という

奇妙な編成なのですが、ちゃんと役割分担として、

にしかわさんは山へしばかりにいったり

ストリングスパートを弾いたりホーンセクションをやったりするわけです。

 

んでまあ一人でハモったりするのでかなり練習しました。

キーボードでいろいろな音色を作りました。

まず準備の時点でがんばりましたよ。

本番でミラクル的なことを起こすべく地道に準備ですよ。

 

んなわけでいざ本番当日を迎えたわけですが、

当日のリハ中

「あ、ケーブル一個つなげ忘れた!」

   ↓

つなげに行く際にスピーカーにつまづく

   ↓

オルガンの上のキーボードをふっとばす

   ↓

おっこちる

   ↓

こわれる

   ↓

おつかれさまでした。

 

というミラクルが早速おこりました(泣)。

なんか一度に練習したこととか信用とかいろいろ大事なものを失った気がします。

 

そんなわけで途方にくれてみたのですが、

なんとか機材担当の方が似たようなキーボードを貸してくれて

それなりになんとかなりました。

ありがとうハシモトさん。ほんとうにたすかりました!

 

というわけで一応無事終了。ということにします。

この調子で大阪と名古屋もがんばっていきます。

 

さてマニアックな余談ですが、にしかわさんはオルガンとして

いつものハモンドさんのセットを使ってみたのですが、

対するモロオカさんはオルガンの音をみんな大好きノードエレクトロという

赤いキーボードを使って出してみました。

 

あとあと聞き比べてみたらやはり大きな会場でラインで出すには

ノードエレクトロはいい音の気がしました。

鍵盤軽いしうらやましいなあ。

 

 

そんなマニアックな話はそれくらいにして

いろいろ自分の予備の鍵盤などを出して最善を尽くしてみたところ

写真のようなセットになりました。

(写真が載せられなかったのでちょっとまっててね。)

なんかキーボーディストっぽいです。

足鍵盤も含めて多分233鍵くらいになりました。

大量ですよ。

でも意外に使い分けられる。

というわけでまたまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください