西川 直人 のすべての投稿

オルガンあれこれ

さすがに他の楽器のことばかりなのでオルガンのことも書いておこうと思います。

といっても簡単に掃除したりしたくらいです。

 

ドローバーのごく細い線の修理や鍵盤の接点の戻りが一カ所だけおかしいのは触れられてません。とりあえず放置みたいな。

 

しかし弾く度に「今日はいい音だ」とか「まあまあ」とか「いまいち」とかいろいろ印象が変わるのはなぜなのか。

こちらの気分の問題なのでしょうか。

 

先日ライブでいつも通りにノードC2Dとレスリー142で普段通りにセッティングしましたが、どうやっても低音の出方がいまいち。お店の人からも同じ意見でした。

 

まあ気温や湿度も違うのだけど、いままでも何度かそういう「どうにもならない日」があって、原因がやっぱりわからない。

こういうことがない楽器ってないだろうなあ。

ギターの弦もかえた

このところは機材の調整をいろいろやっております。

季節の変わり目。

 

この記事を書いていて思い出しましたが、ピアノの調律もなんとなくやってみました。

前よりスピーディかな。

当然ですが、調律すると音がよいですね。

 

さて、自分の弾き方が悪いのもあるのですが、最近ギターを弾くとすぐ左手人差し指の付け根の筋が痛みます。

それに加えてあまり太い弦を張っておくとネックが曲がるらしい、ということで、弦をひとつかふたつばかし細いものに変えました。

 

音が細くなるかなと思いましたが、意外にそれほど気づきませんでした。3 4弦あたりは配合の余地ありかもですけど。

 

これで指にもネックにも負担が減ればよいです。

ベースのピックアップかえた

文字通りベースのピックアップ交換しました。

8000円で買ったベースを余裕で8000円以上かけて改造していい音にするわけです。

愛着が湧いて、楽器を弾くモチベーションが湧きます。

 

今回はいつもながら

・ピックアップ セイモアダンカンantiquity IIに変更

・ポットとコンデンサとジャックを交換

・内部配線も交換

電気パーツはまあお安い感じでついでなのですが、ポットをなぜかインチサイズにしたため、ざぐりを拡張する羽目に。ソリッドボディ初体験ゆえの計算ミスです。

 

しょうがないので、ノミで削ったり、ルータで地道に削ったりしてみました。@友人宅の作業場。

 

ノミなんて物体に触れるのは当然初めてでして、「ノミは役立つなあ」なんて思うのも小学生の頃の友達の家でファミコン版「火の鳥」をやった時以来です。

 

というわけでなんとかポットたちを封入し、完成しました。

やはり良いピックアップの音は聴いていて気持ちがよいですね。

音色って本当に大事ですなあ。

もっと練習しようとおもいます。

ピアノとか生楽器の音量

先日ギター入りのピアノカルテットやったらとてもよかったので音源化するかもです。

メンバー素晴らしかったです。

またやる予定。

なので動画はあげてません。ちょっとはあげるかも。

 

音源化の計画段階でビデオカメラのマイク一本でいい感じにとれたものを友人にミックスしてもらっております。

 

ライブでの実際の音と動画付きで未編集で聴いた音と、ミックスするにあたっての音のみの印象の差が大きすぎておどろかされます。

 

音のみの時がやはり一番いろいろ気になりますね。

 

本番はタッチに気をつけながらかなり柔らかめに弾いたのですが、それでも音だけにすると気になるところが出てきたり。

でもボリュームを一瞬だけ編集すると緩和されたり。

再生時の音量設定でも楽曲自体の印象かわるし。

ライブにちかいくらいの大きなスピーカーでしっかり鳴らしたら気にならなくなることもおおいのだろうか。

 

ここらへんのところまで考えると、音のみであらゆる状況で普通に聴けるためには、常に柔らかいタッチで引き続けられることが大前提みたいな。

少なくとも自分の好みとしては。

 

個人的な目標としては、これでダイナミクスの広さももっと出せるようにせねばなのですが、タッチ柔らかいままより素早くピアノのハンマーをあてるのは物理的に可能なのかもはや謎です。

祈ったり、宇宙と更新したり募金したりしないといけないのかとすら思えてきます。

でも現実的にはできている人もいらっしゃるわけで。

 

生楽器はボリュームがないので、その技術は本当に大事だと思います。

 

あと不思議なことといえば、ある程度弾いてると楽器が急に鳴り始めたりするとか、前日にいいプレイヤーが弾くとコンディションがよくなってるとか、音量に関係なく調律が狂わない人と狂う人がいるとか。

謎は深まるばかり。

やはり祈ろうと思います。

 

それはそうと、グランドピアノって本当に最高の楽器のひとつだと思いますが、唯一弱点?なのは楽器の外にきこえる音量が単純に弾いているところできこえるのと結構違うところかもですね。

一般的にはモニターしずらい、想像力と経験が必要な楽器だと思います。

ふた開けると向かって右側に音飛ぶし、たぶん。

 

ピアニストをよく見てると譜面立てをがばっと外してしまう人も少なくありません。

おもしろいですね。

ZOZOの服買いました

ZOZOスーツで採寸したデータを本にVネックのTシャツとジーパンを注文してみました。

 

結論から言いますと、いくら完璧にサイズを把握していても、提供側のデザインのセンスがイマイチなので、意味がなかったです。

丈ながすぎ、生地などなど、いろいろです。

 

まあ届いてきたものを元にデータを微調整すれば使えるものは有るのですが、それも2 3回は実験が必要かと。

 

そうなると正確なサイズなんて最初から必要なくて、だいたい採寸して登録しとけばよいという話でした。

 

というわけで、Tシャツはうまく行けばつかえるかも。

クリスマスにはオルガンはよくあいます

そろそろ年末の予定も決めていかねばなりません。

年末の行事といえばクリスマス。

クリスマスにはハモンドオルガンのサウンドがとても合います。

歌の伴奏でも、楽器だけでも。

 

日本にはオルガンの文化はあまり根付いていないのですが、こういう季節のイベントとともに、ハモンドオルガンのサウンドも楽器の名前と共にどんどん認知されて欲しいです。

 

というわけで、クリスマスのイベントなどでも演奏の機会がありましたらぜひお問い合わせくださいませ。

楽器の持ち込みも可能です。

よろしくお願いいたします。

高校の同期会がありました

お昼の仕事を終えてから、急に高校の同期会があることを思い出して、夕方に母校にたどり着きました。

 

ひさびさの母校の佇まいはとても懐かしくて、自分もそういうことをしみじみ感じる歳になりました。

 

同期会は二十年ぶりに始めて参加したのですが、結果旧友と久々に話せたのは楽しかったです。ごく月並みな感想ですが。

こういう時間が自分の活動にもよい影響があるんだろうなあと思います。

 

幹事の方はじめ、みなさん本当にありがとうございました。自分ももっと成長します。

 

写真は帰り際のものですが、夕方の時にとっておけば良かったとちょっと後悔。

楽器のタッチ

改めて演奏中にタッチに気をつけてよく観察しているといろいろ発見がありますね。

タッチを見直すと音色はもちろん、リズムも大分印象が変わるわけで、同じフレーズでもタッチの良さだけでその機能や効果は雲泥の差です。

 

リズムが固いという表現があって、よくない意味で使われることがありますが、そういうのも時間的な意味でのリズムをまじめに調整しようとした結果なのかもしれませんね。

 

ともあれ、しばらく自分自身もタッチについてより観察してみようと思います。

発見だらけですね。

2018年9月のライブスケジュール

date:9/1(土)

place:whisper(三軒茶屋)

start: 13:30~ charge:¥4000

members:池田なみ(vo) 田口悌治(gt) 西川直人(org) サバオ渡辺(dr)

 

date:9/2(日)

place:ニューレンタル( 竹ノ塚)

start: 17:30~ charge:¥5000(食べ飲み放題つき)

members:池田なみ(vo) 田口悌治(gt) 西川直人(org) サバオ渡辺(dr)

 

date:9/6(木)

place:M’s(国分寺)

start: 19:30~ charge:¥2000

members:越智巌(gt) 西川直人(org) 河村亮(dr)

 

date:9/7(金)

place:Our Delight(蕨)

start: 19:45~ charge:¥3000

members:西川直人(org) 西尾健一(tp) 井川晃(dr)

 

date:9/13(木)

place:491House(元町・中華街)

start: 19:30~ charge:¥投げ銭

members:西川直人(pf) 吉木稔(b) 大井澄東(dr)

 

date:9/14(金)

place:M’s(国分寺)

start: 19:30~ charge:¥2000

members:西川直人(org) 柳隼一(pf) ませきゆうと(dr)

 

date:9/15(土)

place:AO ビル( 表参道)

start: ~ charge:¥0

members:宮崎達也(as) 西川直人(org) 紺野智之(dr)

 

date:9/20(木)

place:Donfan(大塚)

start: 20:00~ charge:¥3000

members:三木俊雄(ts) 西川直人(org) 海野俊輔(dr)

 

date:9/21(金)

place:楽や(神保町)

start: 19:30~ charge:¥3500

members:サバオ渡辺(dr) 池田なみ(vo) 田口悌治(gt) 西川直人(org)

 

date:9/21(金)

place:The Deep(銀座)

start: 24:00~ charge:¥2800

members:Jam Session 西川直人(org,pf)

 

date:9/22(土)

place: Cafe Port Brooklyn(駒込)

start: 18:30~ charge:¥2500(1dish 1drinkつき)

members:西川直人(org) 石川早苗(vo)

 

date:9/28(金)

place:Nardis(柏)

start: 20:30~ charge:¥2800

members:紺野智之(dr) 鈴木大輔(gt) 西川直人(org)

 

date:9/16 25

place:Jazzmal(南与野)

アンサンブルレッスン

 

~サバオ渡辺(dr)ツアー~

members:サバオ渡辺(dr) 池田なみ(vo) 田口悌治(gt) 西川直人(org)

date:9/29(土)

place:スタジオO&K(裾野)

start: 19:00~ charge:¥4500

 

date:9/30(日)

place:ハートランド(浜松)

start: 18:30~ charge:¥7000(飲み物お食事つき)

 

date:10/1(月)

place:Alone(甲府)

start: 19:30~ charge:¥3500

 

date:10/2(火)

place:スウヰング(清里)

start: 18:30~ charge:¥3500

 

date:10/3(水)

place:(静岡)

start: ~ charge:¥

 

~ツアーここまで~

なんか楽しそうなことを思いついた気がする

楽器や音楽がうまくなりたくてみんな頑張って日々練習したりしてると思います。

これまではわりと「やりたいことだし、直接的な練習をする事が合理的で最短距離」かなあと思っておりましたが、このところはその前段階のセットアップの方が大事なのかもと思いました。

みんなしってるかもだけど。

 

もちろん、地道な練習をしないといけないことはあります。ただ、それを一生懸命やっているだけでなく、それをやる前の気分というかなんかそういうところです。

 

それを引き出すのは人それぞれ、時期によって違うから難しいのですが、服を買ったり、食べ物食べたり、本を読んだり、身体鍛えたり、旅行したり、と音楽と関係ない部分の影響の方がかなり大きいと思いました。

 

一方でSNSみたいなツールはもちろん音楽だけでなく、他人のいろいろな活動を見せられ続けるので、モチベーションを上げるような精神にはなりにくいです。

たまに見るくらいでちょうどよいかも。

よい刺激もたまにあるので。

 

なるべくこれからは自分におもしろい刺激を与え続けてみたいと思います。

ひさびさに財布も買い換えようとしてたらこんな感じのことに気づきました。

 

よく考えたら受験勉強も音楽も生徒がよく伸びると思ったのは、自分の教えた内容とか関係なく、全然本筋と関係ないところがきっかけだったような。

 

なるほど、世の中には解決しなくてよい悩みがあるというのにも漸く納得です。

 

さて、自分のきっかけはどこにあるのだろうか。

よくわからないけど、思い切ったことをやるべきな気がしてます。