西川 直人 のすべての投稿

ジャズ講座

ジャズ講座のお手伝いで某大学までいって参りました。

今回はメインの講師は日頃ライブでもお世話になっているサックスの三木俊雄さんです。

三木さんはもちろん演奏家としても活動する一方で、音大でも教鞭をとっております。ジャズ講座の講師としてもとてもわかりやすく面白い話をしてくださいます。

ジャズ講座はニーズが高いようで、他の講座よりも申し込みがかなり多いとのこと。

我々ジャズミュージシャンの活動をより理解していただくためには本当にありがたいです。

さて、今回のシリーズは「リスナーがその生まれ持った能力を活かして能動的に音楽を聴く」という音楽の楽しみ方を伝える趣旨でした。

具体的には低音部の5度下に動く動き、いわゆるドミナントモーションなどは人間にとって当たり前に歌えること。

短時間(数十秒くらい)の音程の記憶を体験してもらうことなど。

ここらへんの話をしながら、カラオケでキーをかえても普通に歌えることなどの実例を交えて、より理解を深めてもらいました。

私の役目としては、ちょっとした説明の補足で音を出した方がわかりやすい時に素早くサポートする事です。理解度を深めるためにも意外に大事です。

講座の最後にはデュオで2曲ほど演奏しました。

演奏も好評をいただいたようで、受講者の皆さんの聴き方もまた変わっていってくれればなによりです。

自分も大学時代に唯一「音楽論」という授業があって、とってみました。

その時はジャズの話でもなく、音楽家の講師でもなかったので、ちょっとわかりにくかったけど、受講者の数を見るにその講義のニーズ自体は非常に大きいものでした。

自分の大学は音楽大学ではなかったけれども、そんな若者たちも音楽のことは知りたいと思っているのだということをいまでも憶えております。

こういう講座はみんなにももっと聴いてほしいので、ぜひ機会があればどんどんやっていきたいです。

ご興味いただけたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

よろしくお願いいたします。

これライターの仕事になるのかな

自作電源タップやケーブルでの音質変化についていろいろ研究してブログ書いたり動画作っていたら、記事を書いてほしいという依頼をいただきました。

なにが起こるかわからないものです。

 

自分の知識と経験で役に立てるなら喜んでと思っていたのですが、よくよく確認してみると、電源系のネットのパーツショップの宣伝をするという内容でした。

 

依頼としては特定の宣伝文を記事の中に入れるだけの簡単な作業ですし、ショップも普通に営業しているし、謝礼も出るとのことでやっても良かったのですが、使ったこともないショップの宣伝を書くのはなんかステマ以外のなにものでもないので、直感的に判断しておことわりしました。

 

一度やり始めたらきりがないし、なんかしっくりこないので、そういう仕事は音楽系ならもちろん、やるかどうか選んでいくことが自分の精神的にもよいと思っております。

 

逆に楽しければ趣味の分野については頼まれなくても書きたいくらいですなあ。

ZenFone4のFOMA simでのsms受信不可能について

一つ前の記事に書きましたが、長くなったのでこちらにまとめておきます。

世の中にこの件に関して記事も少ないので。

ZenFone4 max proにFOMA simを挿して使っているのだが、通話やsms発信はできるのにsms受信ができない、というトラブルについて。

・ZenFoneでsimの設定をいじって再起動でも効果なし(ちゃんと純正のnano sim)

・ドコモとしてはよそのスマホなので、サポート対象外とのこと

・ASUSは格安simでは動作確認をしているが、なぜか三大キャリアでは動作確認をしていないため、サポート対象外とのこと

ASUSがこんな簡単な検証についてやってないのがちょっと理解し難い。

三大キャリア全部がどうかわからないが、少なくともドコモ側がZenFone4 max proからのsmsの受信へのアクセスを制限している仕様になっていて、ASUSもそれを放置せざるを得ない状態(あくまでも可能性の一つとして)。この場合だと理由も説明してくれないので、どうしようもできない。

 

自分はどうやってもダメだったので、他の方の時間を無駄にしないためにも書いておきます。

諦めて普通に格安simの通話可能のやつにしました。

これから届くので、そちらのsmsが使えるかは後日報告します。

楽天モバイルの通話simに変えてみました。

結果普通にsms受信できました。

というわけで、FOMA simでsimフリースマホ、少なくともZenFone4 max proでsms受信できないのは仕様の可能性が高いです。

同じトラブルで悩んでいる方は、あきらめた方がよいかもしれません。

思ったよりいやなことになっていますね。こういうのは法律的に問題ないのでしょうかね?

おれはドコモをやめるぞ!ジョジョーッ!

名ゼリフっぽく言ってみました。
初めての携帯の時から20年以上利用していたドコモを解約する事にしました。

データ使用のみのスマホ水没に伴って、スマホを新しくDSDSのものにして、2台もちのガラケーのFOMA simと楽天モバイルを1台で使えるようにという、転んでもタダじゃ起きないぞ的発想です。

そもそもガラケーを残していたのも、仕事関連でドコモメールを使っていた名残です。しかもどうも格安simの通信でもドコモメールを見る方法があるとのことで、いろいろドコモの設定をいじって挑戦しておりました。

結論からいうと、
・「DSDSで便利」という計画は失敗
・ドコモメールの設定の仕様がひどすぎる
・FOMAsimだからかsmsも使えない(受信できない)
・そもそもDSDSはスマホって誰のために?
というかんじです。
ちなみに使用スマホはZenFone4 max proです。

まずはドコモメールをシムフリースマホでも使えるようにしたいのですが、ドコモ側の設定を頑張ればなんとかできるのですが(調べるといろいろでてきます)、ある一つの設定をするために、その条件としてドコモ製のスマホを持っていることが必須というある意味分かり易い仕様。

早速邪魔してきます。

 

サポートセンターに電話したものの、その場で色々な契約の設定はできるのに、件の設定オンという簡単な設定については頼んでもやってくれません。

絶対この問い合わせは少なくないので、ドコモも徹底的に邪魔してきます。

 

このあとドコモショップでもいろいろ聴いて来たのですが、まあ同じでした。

 

というわけでこの際ドコモメールは諦めて、smsだけでなんとかするかと思っていたのですが、今度はsmsが受信だけできない。通話もsms送信もできるのに受信だけできないです。

この件に関してもドコモは、simフリースマホでのドコモsimの挙動については責任とらないという対応なので、どうにもできません。

 

しょうがないので今度はZenFoneのメーカーASUSにお問い合わせ。

すると、「格安simでの挙動はチェック済みだが三大キャリアについては不明」とのこと。

試しにチェックしてみりゃあいいじゃないすか。

 

なぜsimフリースマホなのにそこで分類するか引っかかるのですが、大人の事情的な邪推をしたくなります。

 

smsが受信できないとちょっとした認証やらで手詰まります。

というわけでもういい加減その資本主義なシステムに疲れたので、DSDS機種ながら、DSDSにしなくてよいじゃん、となりました。

MNPで番号は従来のままの通話可能な楽天モバイルのsim一つにします。電話ほとんど使わないし。

 

DSDSスマホってデータ通信は格安simにして、大手の通話simと併用という使用は不可能なのかもしれない。

普通にプライベートと仕事用の統合にしか使えないのかなと思いました。

 

ドコモも解約にあたってなんやかんや安くはない請求をしてきたけど、もうそういうお金を払ってもつきあいたくないなあと思ってしまいました。二十年以上つきあったけど。

 

しかしながら、この一連のやりとりを経験して、いわゆるこういう大きな企業の人たちとかって例えば松下幸之助の考え方とかよく勉強してそうなのに、全く逆の発想にしかみえないのはなんなのだろう。ただのファッション的なものなのか。

 

設定やら仕様やら手続きがスムーズだったらそのまま使い続けたのになあ。

フルアコのギターもらった

北陸ツアーにマイギター(薄いフルアコ)を持って行って、暇さえあれば弾いて遊んでました。
ライブ用の機材でもないので、誰でも気軽に弾ける楽器が手元にあるとみんな楽しいみたいな。

そんなツアーの帰り、そのツアーでも一緒だったギターの鈴木大輔君から、リサイクルショップで買ったものの、全く使ってないフルアコがあるからあげる、と言われたので、喜んでいただきました。

簡単に状態を
・17インチくらいのボディ、厚みもある
・ハムバッカーのピックアップ2発
・ヘッドにはguitar lineというなぞのロゴ
・ボディ材質は若干スカスカ
・ネックが折れた跡あり(補修済み?)
・10年ほど放置されてた
・ぱっと見Gibson L-5にちょっとにてる
・fホールが無駄にでかくてそこだけが残念

とりあえずアンプにつないでみたところ、ちゃんと音が出ました。
というかボディサイズのおかげか、とにかく音が太いというか押し出しが強い。
高音の伸びもよさげです。
ジャズギター感はすごいので楽しいです。

というわけでこのギターを地道にメンテしていこうと思います。
まずは掃除して、パーツかえて、、、。
また報告します。

このguitar lineという名前は謎で、Googleで検索しても一件もヒットしませんでした。
由緒不明過ぎます。
Web上でこの名前を扱っているのはこの記事だけかもしれません。
情報あれば教えてください。

オルガン貸してます

金曜日3日間ほどオルガンとレスリースピーカーを貸しております。
合唱の伴奏で使う用です。
ちなみに今回は私は弾きません。
詳しくはレンタルの項目をごらんください。

ホールにオーケストラの伴奏なのですが、たまにこうやってオルガンのニーズがあって呼んでいただきます。
大きなホールでのオーケストラのリハーサル。
ホールの雰囲気ってなんか音響的にも落ち着いていて好きなのですが、その中でのオーケストラの生楽器の響きは本当に美しいです。

普段ジャズの現場ばかりですが、クラシック系のアンサンブルの美しさ、人数の多さによる奥行きや迫力は他の何者にも代え難いですね。
ステキなのです。

今回のアレンジはオルガンメインでもないようですが、こういう時のオルガンの役割は単体で目立たず、各パート(管、弦、低音パート)を必要に応じて厚みを出すように作られているようですね。

実際他のジャンルでもその役割は多分にあるのですが。

コンサートホールでのジャズ演奏も好きだけど、やはりこういうのはクラシック系だとホールの音響を最大限に活かせますね。
リハーサルから聴いているだけでしあわせ。

明日はお昼の自分の演奏の仕事のあと本番は聴けるはず。
楽しみです。

沈み込みの練習バンド編

というわけでバンドアンサンブルのレッスンでも前に説明した、一拍目の沈み込みについてやってみたところ、ことのほかうまく行った気がする。

いろいろな問題が一気に解消されるかんじ。

これすごい発見かもしれない。とりあえずこの国においては。

よその国では当たり前かもしれない。

 

8ビートのドラムパターンで2拍目のスネアを後ろに下げると重たくなるという動画を最近みたけど、確かにそうなのだが、そのやり方だと、今度代わりに別のところを変えなきゃいかんみたいになるかもです。

 

それよか一拍目の捉え方で結果的に2拍目が後ろに下がる方が今の自分の捉え方だとしっくりくるかもです。

2拍目の結果だけ見ると同じことかもだけど、こっちの方が汎用性が高いとは思います。

 

真実はもちろんどうかわからないけど、いろいろな視点を持ったり、前提を疑ったりすることは重要ですね。

携帯水没しました

トイレ掃除してたら胸ポケットから携帯がダイブしました。

見事故障。初めての水没です。

 

というわけでしばらくデータ通信ができませんでした。

データ通信に縛られない生活は久しぶりにぼんやり考え事をしたり、普段見えない景色が見えたり、聞こえない音が聞こえたりして、「ああ、文明ってよくないんだなあ、、、」なんて考えようかと思っておりましたが、不便すぎてそれどころでないです。

仕事につかうのですよ。

 

そんなわけで写真とかいろいろなくなりました。家計簿のデータもなくなりました。

最悪ですよ。

バックアップはマメにとらないとですね。

機種変やらでおかねももちろんなくなりました。

 

とりあえずこれを機にガラケーとの二台持ちをやめて、DSDSで一台持ちです。

ドコモメールはもう諦めるとして、とりあえずガラケーのsimカードを無理やり削ってnanoにしてみました。

道具ならいろいろやってきたのでそろってます。

 

というわけで力業で新スマホを通話できるようにもしたのですが、なぜかsmsが受信できない病にかかりました。

これはこまったです。

調べたけど原因不明。

 

こういうことをして、一度でうまく行くことは少ないですなあ。

なんとかしないと。

2018年7月のライブスケジュール

~南雲麻美(as)ツアー~

date:7/1(日)

place: カサデラムジカ(高岡)

 

date:7/2(月)

place:(富山)

 

date:7/3(火)

place:宴堂(柏崎)

members:南雲麻美(as) 鈴木大輔(gt) 西川直人(org) 横山和明(dr)

~ツアーここまで~

 

date:7/5(木)

place:M’s(国分寺)

start: 19:30~ charge:¥2000

members:柳隼一(pf) 西川直人(org) 大井澄東(dr)

 

date:7/6(金)

place:The Deep(銀座)

start: 24:00~ charge:¥2800

members:Jam Session 西川直人(org,pf)

 

date:7/8(日)

place:学習院大学(目白)

start: 13:00~ charge:¥

members:講座 三木俊雄(ts)  西川直人(org)

 

date:7/9(月)

place:Whisper(三軒茶屋)

start: 19:30~ charge:¥3500

members:池田なみ(vo) 海付豊(ts) 西川直人(org) サバオ渡辺(dr)

 

date:7/11(水)

place:491House(元町・中華街)

start: 19:30~ charge:¥投げ銭

members:西川直人(pf) 吉木稔(b) 大井澄東(dr)

 

date:7/12(木)

place:Nardis(柏)

start: 20:30~ charge:¥3000

members:紺野智之(dr) 鈴木大輔(gt) 西川直人(org)

 

date:7/13(金)

place:ミノトール2(新宿)

start: ~ charge:¥

members:池田なみ(vo) 西川直人(org)

 

date:7/14(土)

place:鶴見住宅公園(鶴見)

start: 10:00~ charge:¥0

members:西川直人(org) 石川早苗(vo) 山田卓児(as) 安藤正則(dr)

 

date:7/14(土)

place:Key Stone Club(六本木)

start: 19:30~ charge:¥3500

members:池田なみ(vo) 西川直人(org) サバオ渡辺(dr)

 

date:7/15(日)

place:鶴見住宅公園(鶴見)

start: 10:00~ charge:¥0

members:西川直人(org) 吉村樹里(vo) 佐々木マン(gt) 小前賢吾(dr)

 

date:7/16(月)

place:銅鑼(新宿三丁目)

start: 13:00~ charge:¥0

members:池田なみ(vo) 田口悌治(gt) 西川直人(org) サバオ渡辺(dr)

 

date:7/19(木)

place:ニューオリンズ(八千代台)

start: 20:00~ charge:¥

members:石崎忍(as) 西川直人(org) 海野俊輔(dr)

 

date:7/20(金)

place:Musicasa(代々木上原)

start: 19:00~ charge:¥3500

members:南雲麻美(as) 鈴木大輔(gt) 西川直人(org) 横山和明(dr)

 

date:7/21(土)

place:(中野)

start: ~ charge:¥

members:西川直人(org) 太田剣(as) ハル高内(gt)

 

date:7/23(月)

place:Donfan(大塚)

start: 20:00~ charge:¥3000

members:三木俊雄(ts) 西川直人(org) 海野俊輔(dr)

 

date:7/25(水)

place:BarBarBar(関内)

start: 19:30~ charge:¥3000

members:サバオ渡辺(dr) 田口悌治(gt) 西川直人(org) 池田なみ(vo)

 

date:7/28(土)

place:(三軒茶屋)

start: ~ charge:¥

members:サバオ渡辺(dr) 田口悌治(gt) 西川直人(org) 池田なみ(vo)

 

~サバオ渡辺(dr)ツアー~

date:7/29(日)

place:ピラタス2(蓼科)

start: ~ charge:¥

 

date:7/30(月)

place:柴崎(上田)

start: ~ charge:¥

members:サバオ渡辺(dr) 田口悌治(gt) 西川直人(org) 池田なみ(vo)

~ツアーここまで~

 

date:7/16 31

place:Jazzmal(南与野)

アンサンブルレッスン

沈み込みのコントロールみたいな

グルーヴする音楽についていろいろ考えてみましたが、踊るということを考慮するといろいろわかってくるような。

ちゃんとダンスするまでの話ではないですけど。

 

とりあえず、強拍は全世界?共通で強拍で、そのダウンビートへの沈み込み方でいろいろな音楽に対応できるのだなあと演奏しながら思いました。

 

あとは予測というか期待される強拍に向かっていって、しかるべきタイミングで必要なニュアンスだけ沈み込むみたいな。

個人的には結構わかりやすい仕組みです。

 

そうすると、4ビートも2ビートも8ビートとかボサノバなど、いろいろ楽に対応できるものです。

 

そうすると、うねるようなリズムについても説明できるし、メトロノームに合わせているだけだといまいちグルーヴの強化にならないのも納得です。

特に複雑にメトロノームを聴きながら(二拍、四拍目に聴くとかも含めて)とかで頑張って日々訓練すると、むしろ不思議な感じになってしまうのも納得できます。

 

逆に訓練積んでないひとの方が場合によってはあわせやすいというのも説明がつくきます。

 

あとは人種での差についてもある程度のところまで説明できるみたいな。

当たり前になっている前提の違いがあるために、一切触れられてないトピックがあるのもつじつまがあうみたいな。

 

まあもう少し実行してみて、より理解を深めようと思いますが、これによって今後の練習や演奏に際して余計なことに頭を使わなくて良くなったと思うので、とりあえず先が楽しみです。

練習もはかどりそう。

 

といっても民族音楽系の変拍子みたいなのはまだ謎がおおいけど。