西川 直人 のすべての投稿

ハモンドオルガン本体の真空管かえてみました

ハモンドオルガン本体のアンプ部分をメンテナンスして音が変わったので、ついでにもう少し実験してみました。

 

真空管をいろいろ買って試してみました。

割と国産のビンテージみたいなのがバランスよくて好きなので、ヤフオクで買ってみました。

新品の真空管買うより安いです。

 

ちなみに買ったものは

12AU7 12AX7 6C4×2 6AU6×2 6X4 12BH7

です。

 

結果、全部国産にしたら割と薄味になってしまったので、一部はアメリカンなやつにしてみたりとバランスとってとりあえずいい感じになりました。

 

全て国産にすればよいわけでもないかもですけど、個体差もあるので、今回だけではわからないですよね。

まあでも12AU7とかは松下のとか割と好きです。ハズレ今のところあまりないかも。

タント エアコン添加剤投入

夏なので愛車タントL350sターボにエアコン添加剤を入れてみました。

コンプレッサーが静かになってエンジンの負担も減って、さらにエアコンの効きもよくなるというような夢のようなうたい文句の製品です。

 

4000円以上したけど買ってみました。

ちなみに添加剤を入れるには専用のチューブみたいなのを買っておかねばなりません。2000円くらい。

 

上にあるLってところにチューブをつないで、説明どおりに注ぐだけ。

ちゃんと説明読めば作業は簡単です。

 

結果わりとうたい文句どおりになったと思います。

静かになってエンジンもスムーズになったし、風も涼しくなったような。

 

というわけで高いけどやってみて良かったです。

 

タントイグニッションコイル交換

なんか急に車のパワーが落ちました。

発進時に加速しないまくり。

こまった。

 

前にもあった症状なので、おそらくエンジンの3気筒のうち1つ動いてなさそうです。

2気筒。

ちなみに車は初期型タントのターボのL350Sというタイプなので、パーツを買ってやれるとこまで試してみようと思いました。

 

というわけで買ったのは点火プラグと、イグニッションコイルというパーツと必要そうな工具です。

イグニッションコイルは純正が高そうなのでとりあえず安いの買ってみました。耐久性が不安視されているもよう。

 

ターボなのでこのインタークーラーを外した先にプラグがあります。めんどうですね。

ボルトとかチューブとか横のステーとかをはずすわけです。

ここのボルトとか

下についてる二つのボルトとか。

 

一部くっついたままでもよいけど、インタークーラーを横によけてプラスチックのカバー外せばプラグのところです。

写真は交換したあとです。3つ見えてるのがイグニッションコイルで、白いカプラーを外せばひっこぬけます。

ただしいやり方か分かりませんけど、エンジンかけながらこのカプラーを外して、変化が無いところが動いてないところです。

一応感電とかには気をつけながらやってます。

今回は真ん中でした。

 

とりあえずイグニッションコイルを一つ交換したら無事3気筒に戻ったので、良かったです。

ついでにプラグ交換をしようと思いましたが、プラグがかたくて回せなかったので、諦めました。

エンジンが熱い時にやった方がいいらしいですね。

 

というわけで元に戻して無事終了。

インタークーラー外すのめんどうだけど一時間もかからずてきました。

予備のコイルも持ってるので、今後もなにかあればすぐ直せると思います。

 

やればなんとかなることもあるわけですな。

売りますコーナー更新しました

余っている機材を手放すべく売りますコーナー更新しました。

メニューからぜひごらんになってくださいませ。

電源ケーブル、タップも作って販売してますので、お気軽にメールフォームからお問い合わせくださいませ。

 

ほかにもこまごまあるので、なにかほしい方がいらっしゃったらお知らせくださいませ。

2020年8月のライブスケジュール

date:8/2(日)

place:Jazzmal(南与野)

start: 14:00~ charge:¥1000

members:西川直人(org) 山中一毅(as)

 

date:8/6(木)

place:M’s(国分寺)

start: 19:30~ charge:¥2200

members:西川直人(org) 菊池太光(pf) 横山和明(dr)

 

date:8/7(金)

place:グレコ(新子安)

start: 19:30~ charge:¥2500

members:中野香織(tp) 絵馬優子(vo) 西川直人(org)

 

date:8/10(月祝)

place:OJCabecafe(沼袋)

start: 19:00~ charge:¥2500

members:Jam Session 西川直人(orgなど) 原川誠司(as) 小沼奏絵(dr)

 

date:8/11(火)

place:Donfan(大塚)

start: 20:00~ charge:¥3000

members:越智巌(gt) 西川直人(org) 横山和明(dr)

 

date:8/21(金)

place:The Deep(銀座)

start: 24:00~ charge:¥2800

members:Jam Session 西川直人(org,pf)

 

date:8/23(日)

place:Jazzmal(南与野)

start: 14:00~ charge:¥1500

members:Jam Session 西川直人(org,pf)

 

date:8/26(水)

place:Our Delight(蕨)

start: 19:30~ charge:¥3600

members:南雲麻美(as) 鈴木大輔(gt) 西川直人(org) 横山和明(dr)

 

date:8/27(木)

place:Blue Eyes(銀座)

start: 19:30~ charge:¥3500

members:西川直人(org) 原とも也(gt) サバオ渡辺(dr)

 

date:8/30(日)

place:M’s(国分寺)

start: 15:00~ charge:¥1500

members:西川直人(org,pf) 永見寿久(b)

 

date:8/16 18

place:Jazzmal(南与野)

アンサンブルレッスン

Hammond B3のプリアンプ部分メンテナンス

レッスン室にあるHammond B3のプリアンプ部分(AO-28)のメンテナンスをしてみました。

 

経年劣化で低音のブーンといういわゆるハムノイズがちょっと気になって来たので、パーツを取り寄せてメンテナンスしてみました。

 

ブロックコンデンサという大きめの銀の筒状のパーツ2つです。

このハムノイズはレスリスピーカーでもでるのですが、そのときは同様にレスリスピーカーのハムノイズを無くしたいときには真っ先に交換するべきパーツのようです。

今回はエクスプレッションペダルとともにノイズの音量も変わったのでオルガン本体との読みです。

 

このコンデンサは交流を直流に変換するときに使われるパーツのようで、劣化すると交流の50ヘルツの波を馴らすのができなくなって50ヘルツの音となってノイズになるようですね。

 

そんなわけでオルガンの裏側を開けてアンプ部分を観察してみましたが、どうやらアンプ部分の配線を全て外して取り出して裏側からアクセスしないといけないもよう。

大変そうです。

ついでなので、以前買っておいたAO-28リフレッシュキットという交換したほうが良さそうなコンデンサと抵抗のセットもこの際やってしまうことにしました。

 

というわけでアンプ部分をひっくり返したのが写真(交換前)なのですが、もともと頑丈に取り付けられていたのでやはりパーツの交換が大変です。端子に配線がぐるぐる巻きです。

 

結局友人の力を借りて回路図を読んで交換するべきパーツを確認したのですが、コンデンサに関してはわりと大きな目立つやつを変えればよいという結論でした。

現代の同容量のコンデンサは当時に比べてものすごい小型化が進んでいて見た目は全く変わりました。

 

というわけでがんばって全部つなぎなおしてブロックコンデンサも交換して、オルガンにつなぎなおしてと作業を終えました。

なれなかったので1日かかる作業でした。

 

早速音のチェックしてみましたが、ノイズはすっかり消えました。

配線もちゃんとしていたようで良かったです。

音も全体的に張りが出て若返りました。

やはりコンデンサを交換したからか高い音がよりいい感じにでますね。クリックノイズのパサパサ音も増えてよりよい音になりました。うれしいです。

 

もう少しこのオルガンをメンテナンスするとしたらきっとさらに奥のトーンジェネレーターのコンデンサを交換せねばならないのでしょうけど、これはものすごい大変そうです。

いつかやるべきなのか、、、。

2020年7月のライブスケジュール

date:7/1(水)

place:Nardis(柏)

start: 20:00~ charge:¥2800

members:布川俊樹(gt) 西川直人(org)

諸事情によりメンバー変更でデュオでお送りします。

 

date:7/3(金)

place:OJCabecafe(沼袋)

start: 19:00~ charge:¥2500

members:Jam Session 西川直人(orgとか) 原川誠司(as) 小沼奏絵(dr)

 

date:7/10(金)

place:ニューオリンズ(八千代台)

start: 20:00~ charge:¥

members:石崎忍(as) 西川直人(org) 海野俊輔(dr)

 

date:7/11(土)

place:Sometime(吉祥寺)

start: 14:00~ charge:¥1000

members:越智巌(gt) 西川直人(org) 横山和明(dr)

 

date:7/12(日)

place:M’s(国分寺)

start: 15:00~ charge:¥1500

members:Jam Session 三木俊雄(ts) 西川直人(org,pf)

 

date:7/16(木)

place:Donfan(大塚)

start: 20:00~ charge:¥3000

members:西川直人(org) 小山大介(gt) 小松伸之(dr)

 

date:7/17(金)

place:The Deep(銀座)

start: 24:00~ charge:¥2800

members:Jam Session 西川直人(org,pf)

 

date:7/18(土)

place:さくらんぼ(柴崎)

start: 19:00~ charge:¥3500

members:サバオ渡辺(dr) 松島啓之(tp) 原とも也(gt) 西川直人(org)

 

~越智巌トリオツアー~

members:越智巌(gt) 西川直人(org) 横山和明(dr)

 

date:7/22(水)

place:エスケリータ68(浜松)

start: ~ charge:¥

 

date:7/23(木)

place:キャラバン(奈良県生駒市)

start: ~ charge:¥

 

date:7/24(金)

place:SOHO(岡山県岡山市)

start: ~ charge:¥

 

date:7/25(土)

place:Zatto Four(大阪)

start: ~ charge:¥

~ツアーここまで~

 

date:7/31(金)

place:OJCabecafe(沼袋)

start: 20:00~ charge:¥2500

members:越智巌(gt) 西川直人(org) 横山和明(dr)

date:7/19 28

place:Jazzmal(南与野)

アンサンブルレッスン

スマホ関連のお問い合わせ

~スマホ~
dsds sms 受信できない
ZenFone4 foma sms
ドコモやめる
2台持ちやめる

 

結構これ関連のお問い合わせが多いようです。

当時はドコモのガラケーと楽天の通信用simのスマホ二台持ちで、このままの契約で一つのスマホでできないものかがんばっておりました。

そこで考えたのがDSDSのスマホでFomaのsimと通信用simの並行運用ができないかという実験をしてみました。

 

結論から言うと、確か電話は普通にできたし、楽天の通信も使うのまでは普通にできたけど、SMSが使えないという問題が発生しました。ごくまれに仕事の話がsimで来るので恐ろしいです。

 

まあいろいろ調べると、設定うまくやると当時使っていたZenFone4 Maxだかでも使えるとのことてしたが、少なくとも自分ではうまく行かなかったのであきらめました。

 

その後それなら楽天モバイルの通話simでよいではないかということで、20年使っていたドコモをやめ、楽天モバイルに乗り換えてみました。

なんの不便もなかったです。

ドコモはずっと使っている人をもっと大事にしたほうがよかったのではないかとは思いますが、新規の囲い込みとか乗り換えに力を入れる方が戦略的には儲かるのでしょうかね。

 

今はもうなくなってしまいましたが、楽天モバイルではスーパーホーダイだっけかな、というプランの一番安いのにしておりますが、これは低速モードでも1Mとそれなりに全てのことできる速さで使えるので重宝してます。

今は場所限定だかの使い放題のプランになってしまったようですが、とりあえず電話と通信を安くしたいひとはそれでよいのではと思っております。

 

スマホ自体も水没させてしまったことを機に試しに国産のAQUOS sense3にしてみましたが、おかげでSMSも使えてます。

たまに通知ないから怖いけど。

 

ZenFoneの時はキャリア側のSimの動作保証も無かった気がするし、サポートも海外だからあまり期待はできないけれど、国産の今ならサポートも期待できるところが救いになるかもですね。

文化の違いで話が通じないとか困っている時はつらいですからね。日本人同士ですらうまくいかないことあるのに。

 

というわけで電話あまりしない人間ですが、現在は電話もSMSも不自由なくできて、速度も速くは無いけど、それほど遅くもなく、量を気にせずつかえる状態で2300円くらいかな。

電話ほぼつかってないのに月によって200円前後値段が変わるの謎だけど。

二台持ちより安いですね。

 

まあ通信が速い環境の方が実は余計な時間とかとられないから長い目で見たらお得なのかもしれませんけど。

ギター関連 グラントグリーンとかloar302とか

~ギター~
グラントグリーン 使用ギター 死因
loar フルアコ p90

 

こんなお問い合わせもあります。

ジャズギタリストのグラントグリーンさんですね。

個人的に1 2を争うくらい好きなジャズギタリストです。

一番好きなのはTalkin’ aboutてアルバムあたりですかね。peopleという曲なんか全てすばらし過ぎてとりあえずリンクはっときました。

 

自分もジャズギターの音がすきすぎて数年前からギターをやりはじめてしまいましたが、おそらくこの時代はGibsonの330ってギターを使っているようですね。他の時期だとGibsonL-7も使っていたとか。

 

というわけで330というギターはフルアコ、ボディは薄い、ピックアップはp90というタイプなので、なるべくこのタイプに似たギターを探したところサウンドハウスでLoar302というギターを見つけました。当時40000円以下だったかな。お買い得。

というわけで思い切って買いまして、ピックアップもいいやつに載せ換えてみました。

 

最近はレッスンの補足とかのために動画をあげていて、オルガン練習用のマイナスワン的動画のためにがんばってギター弾いているのですが、Loar302の音をなんとなく知りたいかたはこちらの動画をご覧になってくださいませ。

なかなかグラントグリーンへの道のりは遠いですが、がんばって行きたいと思います。

 

ちなみにグラントグリーンの死因についてはわかりません。Googleでは急性心筋梗塞みたいなこと書いてありますね。

Hammond A100 Leslie 145 147

~オルガン(ビンテージ)~
hammond a100 26
Leslie145 147

これらもまあまあお問い合わせありました。

こちらの動画でちょうど弾いてるのがそうです。

Hammond A100とLeslie 142の組み合わせですね。

142は145と同じ大きさで、いわゆる122 や147より背が低いです。

その分箱鳴りが少ないかな。低音は大きいハコの方が豊かですが、動画の通り、これでも十分よい音ですね。

142と145はアンプ部分が違うだけです。まあ音もちょっと違うらしいですけど。

122と147の違いと同じですね。

A100はB3と機能はほぼ一緒なので、というかA100は内蔵のスピーカーがあったり、リバーブがついてたり、むしろ多機能で、かつ奥行きが短いと至れり尽くせりです。

日本の普通の間口を通るのではないでしょうか。

B3は奥行きありすぎて、窓を外してクレーンで入れなければならなかったりします。

そんなわけで日本の家庭でビンテージハモンドオルガンの音を手に入れたいならA100はかなりよい選択肢だと思います。

B3の良さは見た目ですかね。

ステージ映えします。ロマン枠みたいな。

A100はたまに個人売買でもでていたりしますが、142 145はかなりレアですね。

見つけたら買っといてよいと思います。

車に立てて積めるビンテージレスリーという意味でとても重宝してます。