フルアコのギターもらった

北陸ツアーにマイギター(薄いフルアコ)を持って行って、暇さえあれば弾いて遊んでました。
ライブ用の機材でもないので、誰でも気軽に弾ける楽器が手元にあるとみんな楽しいみたいな。

そんなツアーの帰り、そのツアーでも一緒だったギターの鈴木大輔君から、リサイクルショップで買ったものの、全く使ってないフルアコがあるからあげる、と言われたので、喜んでいただきました。

簡単に状態を
・17インチくらいのボディ、厚みもある
・ハムバッカーのピックアップ2発
・ヘッドにはguitar lineというなぞのロゴ
・ボディ材質は若干スカスカ
・ネックが折れた跡あり(補修済み?)
・10年ほど放置されてた
・ぱっと見Gibson L-5にちょっとにてる
・fホールが無駄にでかくてそこだけが残念

とりあえずアンプにつないでみたところ、ちゃんと音が出ました。
というかボディサイズのおかげか、とにかく音が太いというか押し出しが強い。
高音の伸びもよさげです。
ジャズギター感はすごいので楽しいです。

というわけでこのギターを地道にメンテしていこうと思います。
まずは掃除して、パーツかえて、、、。
また報告します。

このguitar lineという名前は謎で、Googleで検索しても一件もヒットしませんでした。
由緒不明過ぎます。
Web上でこの名前を扱っているのはこの記事だけかもしれません。
情報あれば教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください