ベースのピックアップかえた

文字通りベースのピックアップ交換しました。

8000円で買ったベースを余裕で8000円以上かけて改造していい音にするわけです。

愛着が湧いて、楽器を弾くモチベーションが湧きます。

 

今回はいつもながら

・ピックアップ セイモアダンカンantiquity IIに変更

・ポットとコンデンサとジャックを交換

・内部配線も交換

電気パーツはまあお安い感じでついでなのですが、ポットをなぜかインチサイズにしたため、ざぐりを拡張する羽目に。ソリッドボディ初体験ゆえの計算ミスです。

 

しょうがないので、ノミで削ったり、ルータで地道に削ったりしてみました。@友人宅の作業場。

 

ノミなんて物体に触れるのは当然初めてでして、「ノミは役立つなあ」なんて思うのも小学生の頃の友達の家でファミコン版「火の鳥」をやった時以来です。

 

というわけでなんとかポットたちを封入し、完成しました。

やはり良いピックアップの音は聴いていて気持ちがよいですね。

音色って本当に大事ですなあ。

もっと練習しようとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください