「ブログ」カテゴリーアーカイブ

ブログ

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年はちゃんと元旦に初詣できました。
初めて行ったところですが境内に上がる階段の横にエスカレーターがありました(笑)。
DSC_0210
昨年からいろいろ関わる皆さんが楽しすぎてありがたいかぎりです。
今年はその勢いにのってまた音楽でもそのほかのことでもどしどし進歩していければなあと思っております。
演奏もだいぶ自分でもいい状態に近づいてきたと思えるようになってきたし。
みなさま本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末のパーティの仕事で船にのりました

DSC_0203
写真はわかりにくいけど船に乗りました!
ありがたいことに演奏の仕事だったのですが、ものすごいひさびさでした。
揺れる中演奏するとちょっと不思議な気持ちになりますな。
漸くこういう仕事がやれるようになって少しは復活してきたかと思いきや感染者数はまた増えているからなんともいえませんなあ。
また自粛みたいにならないでほしいけど。

修理しなければならないシリーズ車編

機材的なものが壊れるシリーズみたいなのがつづきますが、ツアー二日目の移動中に飛び石で車のガラスにひびがはいりました。
かなしい。かなしすぎる。なんか呪いがかかっているのでしょうかね。
すぐなおさねばです。
軽傷で済んでいたらまだなんとかというところですがどうなんでしょう。
とりあえず当日のうちにフロントガラスの補修は無事できました。
ぱっと見わからないけど、目で見ると内側からだと傷あとは少々残ってしまいました。
ついでに腕時計も微妙に壊れていたので旅先の新潟で直しました。
とりあえず一安心ですな。
今回の豆知識としてはガラス修理はオートバックスに頼んでも地元のガラス業者を予約して後日となるので、その業者に直接電話した方が早いし安い。オートバックスがガラス修理請け負う意味はあるのだろうか。
というわけでツアー帰りでお昼3時位には戻ってこれたけど、いろいろやってたらなんだかんだ夜になってました。
主に車のことばかりですけど。
・車を3人乗りから2人乗りにシートをアレンジしなおして、荷物全部出して家においてある巨大レスリースピーカーなども積み込み(これがけっこう大変)
・汚れたから洗車、ついでに給油
・車屋でタイヤ、オイル、リアワイパー交換
・一応音楽家の業務としては明日の打ち合わせ用の音源と譜面などをいろいろチェックみたいな
なんだかんだ時間かかるものですなあ。
あとはリアブレーキシューも交換したかったのですがパーツがないとのことで後日になりました。
よくわからず80000キロを目安に換えているのですが、そういうわけでただいま240000キロ。特に不具合もないのでありがたく乗らせてもらってます。
写真は暗くて狭いとこで撮ったので見にくいけどきれいになったし走りやすくなりました。
このブログを書いている12/1時点でようやく越智巌トリオCDリリースツアー約20公演全行程を無事終えることができました。
最終日は渋谷JZ Bratでした。
聴きに来てくださった皆様、ライブ開催に協力してくださった皆様、お店の皆様、ありがとうございました!

最近買ってよかったもの

最近かってよかったもの。たぶん。
静電気除去すると空気の流れがよくなってエンジンの調子がよくなるシール。

貼り方これであってるのか知らんけど。
静電気除去すると空気の流れがよくなるのはなんかちゃんと科学的に認められているようですね。ちゃんと調べてないけど(笑)。どういう理屈なのでしょうか。
オカルト感はありますが、評判がよいので試しにつけてみましたが、確かにエンジンの空気の吸い込みがよくなっているような感じです。燃費も数%あがってそう。トルクもそんな感じの予感です。不思議ですなあ。
軽自動車用は2000円位だし試しにいいかなと思って導入してみました。
空気の流れがよくなるということはこれはもちろんオーディオ用のもありまして、スピーカーのバスレフポートにはると音がよくなるそうな。低音のキレがアップ的な。
スピーカーのほかの場所やギター本体などに貼っても効果はあるそうですが、それは単純にシールを貼るだけで振動が抑えられて音は締まるよなあとも思えてしまうのでちゃんと同じ重さと大きさの普通のシール貼って比較実験しないとなんとも評価しづらいですな。
ギターにチューナーつけても音締まるわけですし。
ただ結構ものは信じられそうなところです。原理はよくわかってないですけど。

あたらしいフェス飛鳥山2022!

ご近所の王寺駅近くの飛鳥山公園で友人のヴォーカリストのナミヘイこと河波浩平の指揮のもと開催された「あたらしいフェス飛鳥山2022」に出演してきました。

ナミヘイくんとはこのイベント関連で動画を一緒につくったりいろいろ楽しいことをしているのですが、今回は前夜祭と当日の演奏もさせて頂き、さらには演奏間のイベントにも関わらせて頂きました。

 

いろいろな運営側の話も聞いていたのでかなり大変そうで、当日までバタバタしていたところもありましたが、初めてのイベントとしてはいろいろな企画もあり、多分お客さんも飽きるところなく最後まで楽しい感じでできたのでとてもよかったと思います。

 

初日、前夜祭の後の集合写真です。

 

次回もぜひやりたいものですし、次は自分ももう少しちゃんとかかわれることにもなれそうで楽しみにしております。

とりあえずナミヘイくんはよくここまでやり切ったと思います。

自分はもっと細かいところしか見られないので、こういうことをやり遂げられる人はまた立派だなあと思いました。

安いイヤホンの音が悪すぎたのでSONY WF-1000XM4かいました。

時代に乗ってワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン(長い)をそろそろ試してみようと探してみたら、3000円位で売ってたので買ってみました。おやすい!
ところが試してみたら音が絶望的に悪かったので絶望しました。高音がぜんぜんなくてもっこもこです。
一応ノイズキャンセリングはしてくれてるみたいです。まあまあ。
就寝前の耳栓として使えばよいのだろうか。安眠はできそうな気はします(笑)。
ブルートゥーススピーカーなどは安くても結構よいものがあってアマゾンなどでレビューみて買ってたりしてたのですがイヤホン界なのか最近のネットショップ界なのかわかりませんけど、そこら辺の情報も信用できなくなってきましたなあ。
かなしいからまあまあちゃんとしたイヤホン探すかなやむところです。
というわけで後日談になりますが、速攻でイヤホン買い替えました。
思い切ってソニーの最新機種。WF-1000XM4。ポイントがあったので思い切って買いました。
音も結構いいし、ノイズキャンセリングはかなりよいですね。電車の中でも本当に静かです。
昔ノイズキャンセリング機能付きのウォークマンの1万円ちょっとのを使っていたのですが、その価格帯ながら音はめちゃくちゃよかった記憶があります。
その時の感動はなかったのがちょっと肩透かしな感じもありますが、有線と無線にはまだそれほどの開きがあるのでしょうか。
それとも耳が贅沢になっただけなのか。

オルガンレンタル本番編。とちょっと食レポ。

というわけでオルガン貸し出ししてきました。本番でございます。


写真は本番前の練習のときですがホールの響きがとてもよいですなあ。
本番の演奏も皆さん素晴らしくてとても勉強になりました。

 


今日は演奏するわけではないので本番前に近所にラーメンを食べにいってみました。
結構おいしかったです。 年月を経て最近は大盛くらいでもある程度満足できるようになったようです。

ギターの仕事してきました。今回はセッションホスト!

三か月連続でギターを弾く仕事がありました。

ありがたやありがたや。

10月は残念ながらないですけど。

 

というわけで今回はセッションホストです。

セッションにお客さんとして参加するのはちょくちょくありますが、今回はホスト側というわけでちょっとわけが違います。

ホストとしてはどんな曲でも出されたらできて当然みたいな。

普段はEbで弾いているバラードをAでやりますと言われてもすぐにやるものです。実際やりました(笑)。

 

というわけでホストの面々はご縁あってものすごいちゃんとしたプロの方々でした。その中にギタリストとして入るわけです。

なかなか勉強になりました。やるべきことはわりとちゃんとやれたかなと思います。あとはもっと楽器うまくなりたいなあ。基礎練基礎練。

 

ちなみに今回のホストのキーボード担当は金子雄太さんでした。

同門のオルガンの大先輩で結構昔から仲良くさせて頂いておりますが、なんと今回が初共演でした(笑)。オルガン全く登場してないけど。

 

というわけでどんどんギターでも活動していけたら楽しいですね。

お気軽にお声がけくださいませ!

もちろん鍵盤でも!

レコーディングしてきました

レッスンの後にレコーディングでした。よく働いた1日。
この楽器(Nord C2D)10年ほど買い換えずにかなり満足しております。自分の歴史としてライブ用の楽器でここまで同じのを使い続けたことはないので、きっとかなりよくできた楽器なのだと思います。売れないのか新しいのが出ることもなく廃盤になってしまいましたけど。

 

最新の他のメーカーの機種は多列接点的なものも導入されたりと進化しているようですが、パーカッションのタッチの差による音量の変化とかはどうなってるのかなあ。
最近の奏法的にはかなり大事なので気になるところです。

ちなみにこの楽器にはちゃんと採用されていました。さすがでした。

 

ともあれレコーディングも無事に終了しましたが、いい音でとってもらえたと思います。
よかったよかった。

リーダーライブやりました

先日リーダーライブをやりました。

いわゆるオルガントリオの編成です。

オルガン、ギター、ドラム。

バランスの良い編成。

 

録音したものをチェックしてみましたが、このところの技術的な進歩もありまして、2ステージ通してどこをとってもよいクオリティで最後までやれたと思います。

喜ばしい成長ですなあ。

というわけでこの調子でもっと進化していかねばです。

 

どしどし演奏の機会、こういう編成のリーダートリオをふやしていかねばですな。

というわけで聴きに来てくださったみなさまありがとうございました。

また次の機会にはみなさまぜひ聴きにいらしてくださいませ。

尊敬されました

子どもは無邪気ですが、その一方でいろいろよく見ているものです。そして純粋ゆえにその言動に大人達はしばしばはっとさせられるものです。そこには忖度などありません。
というわけで画像は某OちIわおさんという確かギターを弾く人のお子さんの父の日のプリントです。
パパのことどのくらいしっているかな?です。
パパが尊敬する人 にしかわさん
Oちさん、お子さんはパパのことちゃんと見ててくれてますよ。とても素直で良い子だと思います。

Jazz Japanという雑誌と一線を画す越智巌トリオ

ギタリスト越智巌さんのトリオでの新作CD Counter FlowをリリースしたのでJazz Japanという雑誌にも取り上げていただきました。

ここでのレビューではないのですが、別のところで一線を画すオルガントリオという評価を頂いたようです。

というわけで越智巌あらため「一線を画す越智巌」で行きたいと思います。

 

今年はリリースに伴い今月7月末もですが、何度かツアーをして東京でツアーファイナル@JZ Bratもやる予定です。

ツアー先ではゲストの方にもいろいろ入って頂いて楽しくやれそうです。

というわけで一線を画す越智巌(gt)とそのトリオを宜しくお願い致します。

セッションでギターを弾いたらライブもやることになりました

先日のセッションの一幕。
休憩中にみんなが買い物行ったり家に行ったり、ホストのギタリストも家についていっていなくなったのでしかたなくそこに落ちていたギター弾いてみました。みなさん自由です。
というわけでオルガンを弾くお客様がいたのでしかたなくオルガントリオでお送りしました。
ここでギター弾いたのがきっかけで今月に新宿のお店でギターでライブに参加することがきまりました(笑)。
世の中なにが起こるかわからないものです。
というわけで練習して全力で臨みたいと思います。
たのしみですな。
オルガンもピアノももちろん、ギターでもライブのお誘いお待ちしております。お気軽におこえがけくださいませ。

ソーラー発電を簡単に試してみてます

とりあえずベランダでソーラー発電始めてみました。

ソーラースタンドには何がいいかいろいろ悩んだ結果蛇腹式の幅広な譜面台にしてみました。

角度も高さも調節できるし便利ですね。

まだよく晴れた日に観察しておりませんが、日がいい感じで当たっていると、パネルについたメーターが1.5くらいになります。

単位はなんなんでしょうか。アンペアなのだろうか。

ソーラーの最大出力は28ワットとのこと。

メーターは二桁しかないのですが、

常に小数点入れて二桁なのかな。

繰り上がって整数二桁になるのだろうか。

それならワットの可能性もありますね。

もう少し様子見ですね。

車内のダッシュボードに設置とかもよさそうです。

 

余談ですが、蛇腹式幅広の譜面台は尺八用らしく、

そのあと尺八の教則本とかがおすすめに出てくるようになりました。

ちがうそうじゃない。

AIの限界ですね。想像力とかを身につけるのは難しいのだろうなあ。

自作5W真空管ギターアンプをライブで使ってもらいました

先日のライブで年末にそれなりに完成した自作ギターアンプを素晴らしいギタリストのハル高内さんに使って頂きました。
真空管の5ワットながら普通に大きな音も出て、いい感じとのお褒めのお言葉もいただけてしあわせですなあ。
DSC_0123
演奏ではナチュラルの歪みがをタッチでコントロールしてて鳴らし方の勉強にもなりました。
ギタリストすごいなあ。
ライブの演奏自体ももちろんとても楽しくできました。
買ってくれる人がいるならがんばって作りますよー。
材料費と手間が結構かかるから、値段付けるとしたらとりあえず20万円くらいなんでしょうかね。
量産できれば安くなるかも。
これはまだ完成前の角削りっぱなしの画ですけど。
ざっくりとしたスペック的には
・5W真空管ギターアンプ
・デジタルリバーブつき
・音の調整のつまみ幾つか(トーンやハイミッドのブーストなど)
・12インチスピーカー
・ジャズライブで十分すぎる音量
・キャビネットの板も薄めで作ったので軽量
・12インチスピーカー搭載ながら450×350×255mmと見た目にもコンパクト
自分でも音は気に入っていているのですが、何人かギタリストにも試し弾きしていただいているのですが、素直な音とか、今回のように普通にいい音とおっしゃっていただけるので本当にうれしいです。
ほしい方はメールフォームにてお問い合わせください。
たまにメールが送信できないこともあるみたいなのですが、その時はコメント欄かライブ会場でお問い合わせください。

防災グッズいろいろ購入してみました

というわけで先日の停電をうけまして、停電中に次の災害に備えていろいろ買ってみました。

・モバイルバッテリー大きめ
普段使いとしては携帯するにはちょっと大きくて重くてできないけど、60000mAhくらいで、ソーラーと手回し発電もついてるので、いざというときも安心。
・ソーラーパネル
まあまあコンパクトなのを選んでみました。28Wとのこと。これで持続的にいろいろできるなら大きな発電量のものを買うのもいいかも。日頃の電気代安くなるかもだし。半分実験みたいな気分でもあります。
・充電式ライト
もう一つくらいあった方が安心とのことで安めのを買ってみました。ちなみにヘッドライトももってます。
・着火材と燃料すこし
電気がなくてもご飯炊いたりお湯を沸かしたりできるように。3日くらい保てばよいかなというコンパクトサイズ。
モバイルバッテリーは100V交流が出せるものもありますけど、多少お高いのと、正弦派がちゃんとでないかもとか、そもそもだいたい使いたい家電は消費電力大きすぎて持久戦には向かなそう。
というわけで持っててよかった焚き火台。寒いときは暖房にもなるかも。一酸化炭素には気をつけねばですけど。
たき火グッズの活用というわけでこのスタイルですが、普通の人はカセットコンロとボンベ少々の方が絶対使い勝手はよいと思います。
ほかの持ち物としては寝袋と折り畳みマットがあるのでいざというときの防寒と睡眠の準備はできてるかも。
ここら辺も買っておくとよいかもですね。
あとは食料と水ですかね。かさばらない程度には用意せねば。

なにがおこった!?

3/16の夜。

ニュースで地震速報が流れるのを見ていたら急に停電した。

揺れる前に停電が起きたので、ブレーカーが落ちたのかなにがなんだかよくわからないうちに部屋がぬるぬる揺れている。

揺れる中とりあえず明かりを探して、キャンプ用の充電式ランタンを点ける。

ブレーカーは落ちていない。

ということは一帯が停電したのか。

窓を開けて外の様子を見てみる。

 

信号機すら消えている。

コンビニは非常用の電源だろうか、薄明かりが点いている。

外に出てきた人が騒がしい。

なんだかこれは大変な状況なのではないだろうか。

テレビはたまたま充電式で電源はまだ入っているものの、なぜかアンテナからの信号を受信しておらず画面は真っ暗だ。

情報は得られない。

ベランダから周りを見渡すと深夜にもかかわらず外に出てくる人たちがいる。

スマホの電波は届いている模様だ。

ただし充電はあまりない。

Facebook等で情報を集めてみる。

 

どうやら停電は一部だけのようで、たまたまこの地域だけのようだ。

隣町は大丈夫らしい。

昼にこのウクライナの戦争に乗じてロシアだか中国だかが日本にも攻めてくるという記事を読んだばかりだっただけに余計に不安だったが、ちょっと落ち着いてくる。

コロナ×戦争×大地震、今の世の中ひどいことばかりなのでこれらがまとめて来てももうおかしくないとも思えるくらいの終末感はなくもない。

今唯一の救いは気温は暖かめというくらいだろうか。

 

コンビニに買い物に来る人々。

レジは動いているのだろうか。

とりあえず水とか我先にと買いに来ているのだろうか。

賢いとも言えるが、今はまだあまり真似はしたいとは思えない。

しばらくするとコンビニも営業を止める張り紙をしたようだ。

 

 

少し落ち着いてきたのでやるべきことを考えたり、

SNSで教えてもらったことをやれるだけやってみる。

水道は生きている。

長期戦になるかもしれないので水を溜めておく。

しかし相変わらず真っ暗だ。

日頃の電気のありがたみを改めて考えさせられる。

暗闇はやはり怖いものだ。

 

 

携帯でもライトはつくけれども、専門機であるランタンの明るさはその比ではない。

これは買っておいて本当によかったと改めて思う。

 

 

 

 

いろいろやっているうちに電気も復帰した。

今回はこの程度で済んでよかったが改めて防災時の準備について考えさせられるよい機会になったと思う。

準備しておこうと思いました。

夢の秘密基地的な

どこか安い土地があって建物建てられればそこにいろいろかさばりがちな機材とか荷物入れられるし、楽器も弾けるし改造とかの作業もやりたい放題だよなあと思ってとりあえず本買って読んでみてます。
のっけから素人にはなかなかハードルが高いタイプの自作ぽいですがかなりがんばればできるのかもしれない。夢ですなあ。
バーベキューとかできたらなおよいです。
中古の建物付きの安い土地があるからそれを改造するのでもよいですよね。なぜか千葉の奥の方あたりがかなりお手ごろ価格ぽいです。
タダでやり取りするなんてのもあるみたいですね。
誰かそんな土地手放したい人がいらっしゃったら教えてくださいませ。
夢の秘密基地的な。

ベーシスト生沼さんのレコーディングに参加させて頂きました

Facebookより写真をお借りしております。
12月の初旬の出来事ですが、大変僭越ながら闘病中のすばらしいベーシストの生沼邦夫さんの応援ということで、ご縁ありまして生沼さんのCD制作のレコーディングに有志で参加させて頂きました。
錚々たるメンバーが集まって2日間に渡るレコーディングでした。場所は栃木県小山市のFellowsさんです。
病気で身体は本当に大変そうでした。その中での生沼さんの演奏は鬼気迫るものでありながらも、やっぱり本当に素晴らしいベースを弾いてくださいました。
ピアノとのデュオを取り終えて、自分のオルガンのセッティングをしたらすぐにマイクを立ててそのままぶっつけ本番です。その場でやれることはやりました!
これは二日目の様子ですね。私は初日だけの参加でした。
この日は割と大きめの編成でレコーディングされたようです。
生沼さんはこのレコーディングの後すぐに入院されて、レコーディングから約2週間後に54歳の若さで亡くなられました。文字通り生沼さんは命を懸けた演奏だったので、自分にとってもとても忘れ難い時間になりました。
お世辞など抜きにしても生沼さんは本当に素晴らしいベーシストでした。大編成のハーモニーを支える音程感も抜群に評価が高く、ビート感などではご一緒したときにうまく表現できないのですが、「どう聴いても完璧な4分音符だなあと思える4分音符」を体験させて下さったベーシストで、今回の一件がなくともあの衝撃は忘れられずずっと残っております。

なによりそれを成し遂げさせるだけのベーシスト、音楽家としての音楽への向き合い方があってこそのあの演奏なのだなあと、その姿勢は身体が本当に大変な今回のレコーディングでも全く変わらず、むしろさらに強い思いすら感じさせてくださいました。
自分も姿勢だけでももっと見習わなければと改めて思う次第です。少しでも近づけるようにがんばります。
生沼さんありがとうございました。

オートバックスの車検みつもりは詐欺じゃないのか

車検見積もりにオートバックスに行ってきました。

前回はコバックだったのですが「O2センサーがおかしくて車検通りません2万円です」といわれて、高いから自分で直せるかやってみようとパーツと専用工具買ったら、よく見たら線がぬけてただけでした。
怪しかったのでそれまでずっとコバックに頼んでたけどオートバックスにしてみました。

というわけで前回は割とそれなりの値段でしたが、ヘッドライト磨き13000円という項目があって、車検通す為に必要とのことでしたが、後々見てみたらヘッドライト磨かれてないっぽいです。人にもきいてみましたが、なんか磨いてないっぽいです。

(追記:後日自分で磨いてみたら明らかにきれいになったので、間違いなく作業せずに13000円とられていたことが判明)

今回同じオートバックスに見積もりだして、とりあえず車検通ればくらいとお願いしたところ、またヘッドライト磨きが今度は9000円で見積もりに入ってたので、「前回13000円払ったけどやってなかったよね」と言ったところあっさりその項目は削除されました。いらないものしっかり付けてるじゃないか。その項目だけ説明してなかったし。あやしい。

(追記:タイヤ交換も入っておりました。オートバックスの担当曰く溝がもうないから車検通らないとのこと。結果普通に通ったのですけどね。)

んで今回ドライブシャフトブーツという足まわりの部品を車検通すために全部交換せねばならないとのこと。時期的にも寿命かもですし、確かに車検通せなくなる項目ぽいのですが、そのゴムの部分の破損が見えないからなあと信用できなくなってきました。
見せてと言っても傷つけられたらそれまでだし。前回の件もあって全く信用してなくてすんませんけど。

さすがに車の足まわりまでは自分で手を出せる環境でもないですし。
しょうがないから一旦持ち帰って検討中。急ぎ別のところで見積もりとってみようかなというところです。
毎度のことながらこういう業者がぼったくりすぎてないか不安になりますなあ。

国のルールだからこちらの立場が弱いというのがかなり大きいです。
これは自分でやる以外の健全な方法が今のところみつからないです。適正にやってくれるならその分手数料はあやしいところよりも払ってもよいのですけどねえ。

 

 

というような内容をFacebookの記事にあげてみました。

コメントでみなさまからはユーザー車検というのもおすすめされましたが、今回は時間もないことだし近所の車屋さんに見積もりを取ってもらうことにしました。車検も結果お願いすることにしました。

 

結果、タイヤ交換やヘッドライトは何もやらないでよかった。

ドライブシャフトブーツも全く問題なかった。

足回りの別のブーツは交換しました。

 

というこの事実ですよ。今回お願いしたところはオートバックスより色々検査料とかは割高ですが、ちゃんと色々説明してくださいました。

なのでこちらもその見積もりをもってもう一度オートバックスに行くべくもなく、値切りもせずにお願いしました。

 

今回の件でこのような大手の詐欺まがいのやり方が分かりました。しかし事前に「オートバックス ぼったくり」などで検索してもちゃんとこのような記事が見つからなかったのは不思議です。

というかグーグルの検索がどんどん質が下がっているのも原因ですが。

 

なのでこのようなふざけた商売に手を貸すくらいならちゃんとした近所の車屋さんにお金を落とした方がよいと思います。

 

こういう話って車業界だけでもないんですよね、きっと。

ちゃんとした地元などの個人単位のの職人をもっと大事にしないといけませんな。