レスリースピーカーの低音用スピーカーリプレースの続き

とりあえず先日我が家のレスリースピーカーの低音用のスピーカーを交換してみました。

通常16Ωのところ8Ωの現行品のeminenceのものです。

 

これまでのところアンプにも極端な負荷もかかっている様子もなく、普通に使えております。

壊れることはないようです。

 

肝心の音質ですが、改めてビンテージのJensen p15LLと付け替えて比べてみると、締まった低音です。

かといって音量が足りない感じはないです。

ただビンテージの方が全体的にコード弾きの部分まで低音が分厚いので、かなり柔らか太いです。そのおかげか高音部も柔らかくきこえますね。

 

新しい方は高音部のトライバーに流れる信号が増えたのか、これまで割とクリーンだったのが、expペダルを踏み込んだときにいい感じにほんのわずか歪み気味になっていいですね。

 

割とこの新しいサウンドが気に入ったのでスピーカーのエイジングもかねて使い続けようと思います。

それに伴ってオルガン本体の真空管一式も取り替えつつよい組み合わせを模索しております。ひとつひとつで音が変わるので難しいですが、面白いのはプリアンプみたいな音色に携わる真空管でなくても音がかわるところです。わけわからん。

 

新しいスピーカーの接続に伴って、レスリースピーカーの裏蓋のねじ止めも緩めておきました。緩めると音は柔らかめで、締めると音も締まります。迷信ではないです。

 

あらゆることが変化の要素ですが、いい音になったらイメージも広がるので大事なことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください