NAOTO NISHIKAWA.NET

西川直人の公式ウェブサイト

ラリーゴールディングス

いろいろ気になって、ラリーゴールディングスさんという素晴らしいオルガニストの音をちょっとだけ分析してみました。

 

単音のラインもそうだし、ブロック(コード弾き)の各声部のつながりとかが、とても即興とは思えないレベルの美しさです。

 

ちょっと異常なくらいなのですが、ぱっと聴くだけだと極端にハイテクにはきこえないのだけどなぜかすごくかっこよくきこえるのです。

 

世界トップレベル恐るべしです。

もう少し研究して、自分ももっとその場でできることを増やしたいです。

 

他のいろいろなプレイヤーも気になります。

ゴスペルのすごい人とかもそうなんだろうなあ。

伴奏する

いろいろ日記を書いているついでに、たまには音楽のことでもちょっと書こうかと。

 

伴奏と言ってもまあ解釈はいろいろでしょうが、主旋律以外のパートは伴奏としておきましょう。

 

ジャズは各パート同時に即興で進行しておりますが、主旋律以外のパートは伴奏の要素が大きいので、たとえば主旋律のリズムがいまいちだとしてもそれに合わせすぎず、リズムがちゃんとしてるならなおのこと、それを邪魔しないなんてのは当たり前のはずです。

もちろんリズムだけの話でもなく、音色や音量、内容などあらゆる要素についてです。

 

が、こと日本での(他の国の現場のことは詳しくないので)ジャズに関してはそこらへんがかなりいい加減になっていると思います。

 

レッスンでもそこらへんについては、注意深く指導しているつもりですが、まあアマチュアだけでなく、プロでも普通に変なことが多いので、自分も含め、どのパートの楽器でもそのことをもっと考えた方が良いと思います。

 

自分が主旋律をとっているときに、伴奏の伴奏のみをせざるをえない状況はあまりしたくないですね。

 

当たり前に普通にきこえるようになるというのは、ごく当たり前のことをやるのですが、それがまたなぜか難しいですね。

ピアノの音色

10月になってしまいました。

あっという間ですね。

こんにちは、にしかわです。

 

ライブでピアノを弾くこともちょくちょくあるのですが、最近はお客さまからピアノのタッチや音色とかニュアンスをほめて頂けることが何度かありました。

非常に嬉しいことです。

練習のモチベーションもあがるというものです。

 

いろいろ日々気をつけながら楽器のコントロールには取り組んでおりますが、実際の現場でちゃんと反映されているようで良かったです。

でも、まだ管理しきれていないのでよりよくなるようがんばります。

 

共演者からもほめて頂けるようにならねばなりませんな。

がんばります。

ピアノもオルガンもギターも。

情報をつめこむ レコーディングしてきた

このところは音の立ち上がりの後の処理を工夫しております。

いかに音符に中身を充填するかみたいな。

柔らかいタッチのよい音色の上でそれができるとよいのですが、なかなか両立には神経を使います。

 

先日レコーディングして来ましたが、

まあそれも含めて上手くできたところは結構あったのではと思いました。

 

そういえば、初めてレコーディングしたときは緊張して身体も固まりました。

全く上手くいかなかったなあという思い出でした。

 

このところは身体の使い方もそうだし、ライブでの出来上がりも、こういう現場を見据えての演奏だったりしているので、比較的普通通りにレコーディングに臨めております。

 

今回はより自由度が高いところにも行けたので、良かったです。

もちろん、もっと精度や内容をあげていきたいので、日々練習、訓練あるのみです。

レッスンについて

音楽の習得にあたって、特にお勉強的なことをするよりか、根性でひたすらコピーしまくるのがよいという話をたまに聞きます。

 

まあ実際それができれば一番よいのですが、とっかかりに時間がかかって分かりやすい成果が出るのにそれなりの時間と根気が必要ではあります。

実は一番近道のようですが。

 

まああまりにも先が見えないので、とっかかりとして、当レッスンでは基礎課題をやることにしております。

 

というか基礎的知識として、2声のコード計30種類くらいとメジャースケール12キーだけ素早く弾けるのがあれば十分です。

 

あとはそれを弾きながら楽器や身体の使い方や音色を学べばとりあえずひととおりのことはできるものです。

 

あとはそれをベースにいろいろ応用がきくので、やりたい方向に広げていく的な。

耳コピから入ったとしても、まあやっていることを応用していくことになるので、それほど最終的には違いは出ないとは思います。

 

というわけで、ごくごく少ない基礎を素早くできるようにしておきましょう。

新しく習いに来られる方も憶えることは少ないので、その点は心配はいらないはずです。

自分で考えたり頭を使うことは必要ですけど。

音色よくしたいです

こちらは鍵盤の話です。

ちゃんとオルガンもピアノも練習しております。

こんにちはにしかわです。

 

今年は基礎練習の年になっておりますが、それに加えこのところの目標としては音色です。

 

音色といっても、他でも書いている楽器のセッティングだけでなく、タッチやリズムという総合的なところです。

 

変な話音色さえよい感じにできるセッティングになれば、その日のライブは弾かなくてもよい結果が見えます。

まあ実際は弾かないといけないんですけど。

 

どんなときでもこの音色をコントロールできるようにしたいですね。

これはどのレベルの音楽家にも言えるのではないかと思います。

音が良ければ、弾く内容も変わるもんです。

 

なるべくよい音の時間を増やしていこうと思います。

裏地派かもしれないので2分音符がんばります

急に風邪のような症状になりました。

こんにちは、にしかわです。

これは仕事どころではないかも、というような症状でしたが、

どういうわけか一日乗り切ったらだいぶ回復しました。

健康ってありがたいですね。

 

さて、4月のスケジュールを更新したのですが、

いま携帯に入れてあるスケジュールを見てみたところ、

4月は丸一日休める日が全くないことが判明しました。

というわけで仕事ができるという幸せをかみしめて頑張ろうと思います。

自営業なので、ブラックじゃないはずです。たぶん。

 

まあ休日といっても、ここぞとばかり練習することになるのもざらです。

4月ももちろん、時間を見つけて基礎練にいそしもうと思います。

いい感じで演奏にも反映できつつあるし、

全体の仕上がりもかなりよい方向に来ていると思っております。

 

と、その一方でまた新しく取り組んでおりますのが、

2分音符とか、2ビートとかでございます。

そもそもの音楽のリズムの基本的なことですが、

ここら辺のことをきっちり理解しておくと今後の進歩に役立つということで、

いまは練習したり考えたりしております。

 

こういう考え方や基礎練というのは、

裏地的なものなのでしょうかね。

演奏の表層にはほぼ現れないことなのですが、

たまに分かってもらえたりするとうれしいものです。

まあ隠れているのでまずわかりませんけど。

 

別ににしかわさんは下町生まれでもないので、

江戸っ子気質とかそういうのではなく、

個人的に関心ごとで、やるべきこととおもっているので、

ついついやってしまうというだけです。

 

一方で表面により気が行く性質だと、

また違った仕上がりになるでしょう。

早熟、キャッチーなどを意識しているならば、

そういう志向になった方が戦略的に正しいのかもしれません。

 

まあ、その人が楽しいと思えるやり方をするのが一番健全とは思います。

練習継続しております

Youtubeとか見ていても、どこかにライブを見に行っても、

もちろんやっていてもそうです、世の中すごい人が多いものです。

年上に限らず年下にしても。

たかが身の回りの音楽のジャンルだけでも。

 

こんにちは、にしかわです。

日本で見るだけでも結構な人数ですが、

海外とかも含めると、いよいよ世の中広いなあと思います。

年々思うようになってきました。

 

まあしょうがないので、相変わらず基礎練的なものを地道にやっております。

去年末からじわじわやっているのですが、

着実にできることが増えてきているのを実感しております。

うれしいです。

まあまだ実戦でうまく使いこなすには時間がかかりそうですけど。

 

というなんも具体的でない途中報告ですが、

とにかく引き続きがんばります。

ことしも色々曲作りやらもしたいのですが、

この練習をやり始めると、そういうトピックに取り掛かる前に、

何かの予定がやってきてしまうくらいは時間がかかってしまう状況です。

 

年々事務作業やらなんやら、増えていくものです。

おかげさまで暮らしていけるのですが、

がんばって時間見つけて基礎練以上のこともせねばです。

基礎練継続中

六文字熟語ですね。

こんにちは、にしかわです。

時間があれば練習しております。

 

練習と言ってもごくごく基礎的な動きです。

ちゃんと管理しながら素早くできるにはまだまだ時間がかかりますが、

日々ちょっとずつ上達が実感できるので、

やりがいとか充実感はあります。

 

まあ一通りやるだけで4時間くらい掛かりかねないので、なかなか困ったものです。

作曲やらはひとまず後回しになっております。

 

目を閉じてやった日にはさらに初心者感というか、

楽器への発想自体も変わってきて、

時間は掛かるけどおもしろいですね。

 

というわけで、飽きるまではのんびり続けようと思っております。

 

今日はいろんなV7→Iを練習してたら、

とあるプレイヤーのアイデアと同じところにたどり着けました。

 

単純なコピーでもなく、出所も違うはずなのですが、

同じところにこれるというのはなかなか感動です。

今後いろいろ応用できるので楽しみです。

 

漸くトッププロスポーツ選手などが言っている

「当たり前のことをひとつずつ・・・」

という話を本質的に理解できた気がします。

 

もっといろいろな人とこの感覚を共有したいものです。

レッスン料金上げました

こんにちは。にしかわです。

昨年末に2017年にレッスン料金上げるかもという話を書いたところ、

早速何軒か直接お話があったので、レッスン料金改定しました。

 

新規の方は2月から、受講者や申し込み中の方は徐々にという方向で対応していこうと思っております。

 

レッスンで教えていることも、日々進歩しておりまして、いろいろお役に立てることと思っております。

よろしくお願いいたします。

keep looking »