「音楽とかレッスンとか」カテゴリーアーカイブ

ソロライブやった

最近の人工知能(AI)の進歩は目覚ましい。

入力業務などはもう人工知能の方が圧倒的に早いケースもあるようで、いわゆるデスクワークの単純作業などは既にいくつか取って代わられている。

便利な話だが、仕事が無くなると不安がる労働者も居るようだ。

まあ、そういう仕事はなくなった方がよいと思うが。

 

また家電製品にもそういう技術を応用したものがあるようだ。

気に入りそうな広告を表示するのだって人工知能の助けを借りている。

 

さて、先日オルガンソロライブをやった。

人生で3度目。

これまでの2回は、普通のバンドの延長上にあるサウンドをやろうとした。

それをひとりでやるのだから忙しいし、やはりバンドには敵わない。

 

ある日ふと、人の家に行ったときやリハーサルで誰かが意味もなく弾いている音楽の状態がとても聴いていて楽しいと言うことを思い出した。

良い意味で、情報や感情が乗りすぎない音楽の鑑賞である。

 

そこで今回のライブはそこらへんをコンセプトにやってみた。色々実験的ではある。

 

曲の間に拍手をさせないようにつなぐ、曲間でしゃべらない、などなるべく聴き手に現実に引き戻さないような良い雰囲気で居続けてもらおうという意図である。

 

一回目のステージには正面を向いて弾いたが、二回目のステージではオルガンごとひっくり返して、ぼんやり動きを眺められるようにもしてみた。

 

演奏内容に関してもそれに準ずるコンセプトにかえてみたし、いわゆる盛りあがる爽快感のライブとはかなり違うものにした。

 

照明やステージ間のBGMにももっとこだわってもよかったかもしれない。

 

結果として大体予想したような内容にはなったと思う。

こういう鑑賞方法で、まったりリラックス、そしてリフレッシュな気分になって欲しいと思っている。

 

このコンセプトは結果として「上質な暇つぶし家電」ともいえるかもしれない。

少なくとも当面の間、AIにはできない生き物ならではの機能だと思っている。

 

というわけで、色々改良を加えつつ地道にこの演奏コンセプトでも続けていこうと思う。

次回はまだ未定。

夢の叶え方

「夢の叶え方」のような内容の本を読んだ。なかなか面白かった。

 

そこで、「自分の夢ってあったかな」と思ったので、思い出せる限り書いてみることにする。

音楽以外については今回は省略することにする。ニーズがあればそのうち書いてもよいけど。

 

まあプロフィールのおまけにも書いたことだが、元々電子オルガンを習わされていたものの、人前で弾く機会もなかった。

やらされて始めたことなので趣味でもなかったと思う。当然大してうまくもなかった。

そんな中たまたまハモンドオルガンと、ハモンドオルガンで弾くジャズという音楽に出会って衝撃を受けた。

漸く自分がやらされていただけのことに目標ができたといったところだろうか。

 

音楽人生としての最初の大きな夢は「ハモンドオルガンでジャズを人前でかっこ良く弾きたい」というところだろう。

その当時このサイトを見つけていたら迷い無くレッスンを受けていたと思う。

まあ「ジャズをかっこ良く」というくだりはぼんやりしているのだが、当時の価値観だとおおよそ「自分くらいの音楽の素養がちょっとある学生から見てそれなりにかっこ良く見えるかどうか」くらいだと思われる。

20代のふつうのプロの演奏でも十分おつりが来るくらいだと思う。

 

流石に今に至るまでにそこはクリアした(と思いたい)のだが、夢は叶った後はどうなるかというと、なにか特別な感じはない。そもそも誰か他人からの視点の夢だったのでピンと来ない。まあ音大でもない学生をミュージシャンとして世に送り出してしまうくらいの効果はあったとは言える。

そこで新しいなにかを掘り下げて行く事になる。

 

一方で機材については「ハモンドB3とレスリー122を好きなときに弾ける環境」が大きな夢だった。

最初は一段のデジタルのオルガンから始まり、レスリースピーカーいろいろ、足鍵盤いろいろ、二段鍵盤いろいろ、ここらへんもかなり買い替えた挙げ句、とうとう縁あってB3を入手できた。ありがたい話である。

 

こうして文章にして改めて確認すると、この二つ目の夢も現在当たり前のようになっているが、この喜びはもっとかみしめても良い気がしてきた。

しかもピアノもアップライトながら好きに弾ける環境である。

言うことはほとんどない。

 

さて、あくまでも一般的な目線からは技術的にはある程度にはなったのだが、その先としては「どこまでちゃんとジャズとかを掘り下げるか」がつきまとう話となってきた。

 

ただここまで来ると、どうしても氏や育ちといった地域的、文化的な話が出てくる。よその文化のものをやっていると言う溝はどこまで行っても埋まることはない。逆を考えればわかることだと思う。

 

そこで、もちろんなるべく文化的な背景は今後も大いに学ぶとして、自分ができるのは、音楽のクオリティとしては同じレベルのもので、日々学んでいるジャズなどと自分のこれまでの人生を混ぜ合わせたものかと思っている。

夢と言うよりは目標に近そうだが、もう少ししたらはっきりすることもあるかもしれない。

 

あとは感覚的ながら具体的な夢(目標)としては「演奏中に時間が止まっている感覚」になる回数をもっと上げたい。

年に数曲あるかどうか。

これを確率半分くらいにはしたい。

これができれば悩みは全てなくなりそうだ。

これは夢と言えるかな。

この感覚の話は面白いのでまたどこかでしてもよいかも。

レッスンの新規生徒さん大歓迎です

こんにちは、にしかわです。

春になって新年度もはじまりますね。

暖かくなってきて活動的になってくる時期で、新生活になる方もいらっしゃると思います。

 

ぜひこの機会に音楽を学んでみませんか?

 

当教室では現役のジャズオルガニスト、ピアニストの講師による実践的な音楽のレッスンを行っております。

目標は

「人と一緒に演奏できるようになる、人前でかっこ良く演奏できるようになる」

です。

 

また日本全国探しても、本物のハモンドオルガンに触れられる、奏法について学べる教室は大変稀です。

 

もちろん、ピアノもありますので、ピアノでの学習、オルガンと並行した学習も可能です。

 

生徒さんのレベルは、ひとりで譜面を見て弾いていた方から実際に演奏活動をされている方まで様々なので、どのレベルの方でも大歓迎です。

 

このレッスンをきっかけに演奏活動を始めたり、活動場所を広げたりする方もいらっしゃいます。

 

詳しいレッスン内容はレッスンの項目をご覧くださいませ。

メールでの質問も大歓迎でございます。

 

みなさまの音楽人生のお力になれればと思っております。

ご連絡お待ちしております。

左手と右手の使い方

このところの研究の結果、左手はなるべくなめらかにつなげられるよう、指先も使ったコントロールを、右手は基本腕を使って弾くことを特に心がけております。

 

これによって左右の発音のタイミングがいい感じに自分の好みのバランスになれると思います。

これをやりながら信じ抜いて弾き続けることが一番集中力がいるのですが。

 

ベースを弾きながらメロディやらも担当することはやはり奥深いですなあ。

音楽的にはとても勉強になりますけど。

左手の使い方かえてみた

最近はいろいろ思うことあって左手というかベースの弾き方をまたかえてみました。

こんにちはにしかわです。

日々練習でございます。

 

というわけで、このところは必要に応じて指先でベースパートを弾く必要性がでてきました。

 

この弾き方はアタックやニュアンスに呼吸がでにくい欠点があって今までレッスンでもお勧めしてこなかったのですが、発音の速さやリズムへの沈み込みなど、いろいろ使えるシーンも多いので、これからはうまくバランスとってやっていこうと思います。

 

まずは自分が使いこなせるように頑張ってみます。

左足でベースのアタックをつける件

動画投稿も地道にやっております。

良いのが撮れるように日々がんばっております。

こんにちは、にしかわです。

 

さて、最近ベースの弾き方でいろいろ勉強になったことがあったのですが、本日の演奏中にまた気がつきました。

ごく当たり前のことなんですけど。

 

左手ベースの時は左足でベース音に短くアタックの音をつけているのですが、最近のベースのニュアンスと、左足のアタックのニュアンスが、よくよく観察してみると違うことに気がつきました。

 

というわけで、当たり前ながら揃えていこうと思います。

アタック音は短いので、またコントロールも難しいのですが、なるべく意識していこうと思います。

 

明日から練習してみようと思います。

リズムのとりかたを工夫するの巻

ちょっと前にリズムのとり方について書かれた本を読んでとても参考になったので、日々実験中でございます。

こんにちは、にしかわです。

 

中々説明するのは難しいのですが、改めて以前にも触れた、拍の立ち上がりを点でなくもっと広いなにかで捉えることが大事だなあという感じです。

 

リズムパターンによってどこに特に気をつけるとかはそれぞれ工夫せねばならないので、絶対これがこう、とかではないですが、考えながらあれこれ試すとかなりわかってきますね。

 

うまく行くとベースパートはもちろん、メロディまで全部同時に動かしても弾きやすくなります。

 

ということではやくいつもこの状態にしようと練習します。

これが当たり前になってきたらようやくいろいろ右手でやることが意味が出てきそう。

はやくできるようにしよう。

 

レッスンでもこういうこともやってますので、気になる方はレッスンも受けに来てくださいませ~。

グルーヴもののベース

グルーヴもの(8ビートとか)のベースの弾き方を数年前のような弾き方を基本に戻してみました。

 

というわけで歯切れよさげなのを目指しております。

パスパスしてファンキーな感じ。

前よりも上手くなったので、のばすとことのメリハリとかも練習しております。

楽しいですね。

 

基本腕で弾いてるので、最近のゴスペル系のベースの速いパッセージとかにどう対応してよいものやら。

しばらくいろいろ考えながらやってみようと思います。

進歩を実感

日々いろいろ、主に身体の使い方とそれに伴うグルーヴを工夫しておりますが、然るべき状況(メンバーとか)でちゃんとできるようになって来たので、よかったです。

 

こういう時に進歩を感じるというものです。

 

これからはそういう質を自分から提供できる割合ももっと増やしていけたらなあと思います。

日々訓練あるのみですね。

 

一般の世の中にもわかってもらえるようにできるとよいですな。

発音のコントロール

発音をよく観察しながら練習しておりますが、今回は左手、というかベースに着目しております。

そういうなら足元も練習せねばですが、それはまた少し後にしようと思います。

 

ベースを担当するケースも少なからず多いのですが、やはりそう考えるとオルガンみたいな楽器は左利きの方がよいかもと思えます。

 

まあ右利きなので、しょうがないので、工夫でカバーしていこうと思います。

手首の高さをかえたりする必要もでてきそうですね。

 

グルーヴもののベースもいろいろな話があってここ数年は全く違う弾き方をしておりましたが、また昔の自分でも好きなスタイルに近いようにしようかと思っております。

 

これらを右手のコンピングと合わせて自由にするのが目的でございます。

昔よりも身体の使い方も巧くなったようで今直さねばならない課題もはっきりしているので気は楽です。

4ビートに関してはまだ課題は見つかってない感じですけど。

 

自分の人生の残りなどを考えると、そろそろ好みのスタイルに絞ってそれを極める方がいいかなと思い始めました。

 

後一年半で一通り完成させたいです。

内容も含めて。